インナーマッスル整体で!姿勢改善とウエストのクビレを手に入れよう | 千葉市幕張にある姿勢矯正専門院、検査、診断、エクササイズで根本治療し、肩こり、腰痛を改善するたくみ接骨院です


  ブログ

たくみ接骨院 >> ブログ >> インナーマッスル整体で!姿勢改善とウエストのクビレを手に入れよう

ブログ

インナーマッスル整体で!姿勢改善とウエストのクビレを手に入れよう
  • カテゴリー: 整体.痛み改善.net

インナーマッスル整体で!姿勢改善とウエストのクビレを手に入れよう?

千葉市幕張で体の不調痛みを体幹インナーマッスルから改善へと導くたくみ接骨院・整体院のキムラです。今回はお腹のインナーマッスルを回復することで、体の不調や痛みが改善するお話しをしたいと思います。

 

体幹インナーマッスルについて

私たちの骨格を支える筋肉は大きく分けて2つにわかれます。一つは表層の筋肉『アウターマッスル』と言われる部分と、深層の筋肉『インナーマッスル』です。インナーマッスルは解剖学では『固有筋』と言います。

 

私たちがお目にする筋肉は表層の筋肉『アウターマッスル』の筋肉です。これら表層の筋肉は容易に鍛えられます!

 

一方深層の『インナーマッスル』の筋肉は、体の奥にあるため中々トレーニングでは付きにくいです。インナーマッスルを鍛えるために必要なことは、姿勢を意識し骨盤・背骨の位置を整えることで、インナーマッスルが動かしやすい状態になります。ではこの固有筋(インナーマッスル)を細かく分けてみましょう。

 

 

お腹のインナーマッスルは3つ

 

主に体幹インナーマッスルと言われる部分はお腹と背中に分かれます。今回はお腹の固有筋について詳しく解説していきます。お腹の深層筋は細かく分けて3つ程あります。

 

大腰筋(だいようきん)

お腹のインナーマッスル一つ目の固有筋は大腰筋(だいようきん)です。大腰筋は腰椎の側面やや前から始まり、骨盤内を通り鼠経靭帯の上を抜け、股関節の内側に付きます。

 

 

小腰筋(しょうようきん)

お腹のインナーマッスルの二つ目は小腰筋(しょうようきん)です。小腰筋は胸椎の12番目と腰椎1番目の側面やや前から始まり、骨盤内の腸骨の前面に付きます。大腰筋と並行している小さな筋肉です。

 

腸骨筋(ちょうこつきん)

お腹のインナーマッスルの三つ目は腸骨筋(ちょうこつきん)です。腸骨筋は骨盤内の腸骨の前面から始まり、鼠経靭帯の上を抜け、股関節の内側に付きます。

 

 

体幹インナーマッスル固有筋の場所

 

ご自分で固有筋(インナーマッスル)を触る時には2か所触ることが出来ます。

 

大腰筋・小腰筋の確認場所

大腰筋と小腰筋は平行していますので一緒に確認します。お臍から3横指外側にあるスジばったところが大腰筋・小腰筋です。

 

大腰筋・小腰筋を触る時のポイント

触る時のポイントは力を抜いて背中を丸め、体を捻じるとスジばりを感じます。そこが大腰筋と小腰筋です。

 

腸骨筋の確認場所

腸骨筋は骨盤の内側にありますが、お腹が邪魔して一部しか触ることが出来ません。骨盤の骨側上部側面で触ることが可能です。

 

インナーマッスルと神経について

 

固有筋の近くには腰神経叢(ようしんけいそう)と言う神経が密集しています。この神経の束は大腰筋の下を通り抜け、お尻の坐骨神経へとつながります。

 

 

インナーマッスルが硬いと神経を圧迫

インナーマッスルが何らかの形で硬くなり、腰神経叢を圧迫するとそこから先に延びる坐骨神経に沿って、痛みや下肢のしびれなどを引き起こす事があります。

 

インナーマッスルと姿勢について

 

お腹のインナーマッスルと姿勢はとても大切な関係があります。お腹のインナーマッスルが弱くなると、姿勢が徐々に崩れてしまいます。当院ではインナーマッスルの機能が弱くなって、体の不調や痛みの患者さんを大勢見て参りました。そしてこのインナーマッスルの大切さを伝え、多くの患者さんを救って参りました。

 

機能低下で背骨の湾曲が悪くなる

先ほどインナーマッスルを解剖図で見ました。インナーマッスルは脊骨の横から骨盤内あります。当然インナーマッスル機能が落ちてしまうと背骨にも影響を与えます。背骨は頭から骨盤までキレイな背骨s字湾曲をしております。 

 

生活習慣が良くて運動をされていればインナーマッスルはしっかり働きます。

 

しかし多くの人は、長時間座る・歩く距離が短いなどで、インナーマッスルの機能が低下し背骨s字湾曲も失われてしまいます。

 

 

 

年齢は余り関係ありません

皆さん年齢を気にする方が多いようですが、加齢によってインナーマッスルが弱くなる人は、生活習慣・歩行で背中が徐々に丸くなる方が大半です。

 

若い人でもインナーマッスルが弱い人は沢山いらっしゃいます。インナーマッスルをしっかり整えることは、姿勢悪化を止め固有筋の緊張もなくなり体の歪もリセットされます。

 

 

安心安全なインナーマッスル整体

 

皆さんインナーマッスルの重要性はご理解いただけましたでしょうか?お腹の固有筋と姿勢保持はとても大切な関係です。では最後に姿勢保持をする上でも大切なインナーマッスルをどのように整えるのか触れたいと思います。

 

整体前後の歩行を確認

インナーマッスルの整体をする前に確認動作が必要です。それは歩行です

 

正しい歩行が出来ていないと、いくらインナーマッスルを整体で整えても元に戻る可能性が高いからです。歩行は体の前後の筋肉や股関節に働き、しっかりと姿勢バランスを保たれます。

 

 

歩幅が広すぎたり・前のめりで歩いたり・指先が外内に向いて歩くと、体の前後の筋肉がうまく使われなくなり、歩行中バランスを崩すか・常に支えるためインナーマッスルが緊張してしまいます。

 

 

歩行が悪いと色々な体の不調や症状も出てしまいます。しっかり正しい歩行をマスターしましょう。

 

 

重心バランスを確認する

歩行の次に大事なのは重心バランスです。人は絶えず立つ時も座る時も体の軸でバランスを取っています。もし、インナーマッスルが緊張したり退化してしまうと、重心のバランスを保つことが出来なくなり、体に悪い影響を与えます。

 

 

そこで当院では体重計を2つ用意し体重の左右差を確認します。

 

 

体重差を理解できると、筋肉バランス・姿勢保持・歩行がスムーズになります。当院では整体を受ける前に、歩行の確認・体重の左右差をしっかり意識する事を心掛けています。

 

大腰筋・小腰筋の整体術

大腰筋の整体術は、お腹に一定の圧を加えていきます。大腰筋は強く抑えると気持ち悪い・胸やけ・食欲不振を招く恐れもあります。消化器系(胃・小腸)などの奥にありますので、より一定の圧と骨盤の捻じれを利用し大腰筋を整えます。

 

骨盤の捻じれを利用した整体術

お臍の3横指前面の部分を手の腹で抑え、大腰筋(背骨側面から股関節辺り)を内側に捻じりながら、両ひざを倒していくのがポイントです。

 

腸骨筋の整体術

腸骨筋の整体術は大腰筋とは異なり股関節を曲げて息を吐きながら整えていきます。腸骨筋も消化器系(膀胱・大腸)の奥にありますので、一定の圧と呼吸を利用し腸骨筋を整えます。

 

 

呼吸を利用した整体術

骨盤内の骨側2横指前面の部分を手の腹で抑え、腸骨筋(骨盤上部側面から股関節辺り)を呼吸に合わせながら、両ひざを胸に倒していくのがポイントです。

 

 

体がポカポカ・お腹もスッキリ

インナーマッスルを整体で整えると、姿勢保持・体重バランスが保たれ・歩行をスムーズになります。それ以外に当院の整体を受けられた方にお聞きすると、

 

  • 血のめぐりが良くなった
  • 体ポカポカ気持ちよさを
  • お腹がすくようになった
  • 便秘・生理痛が前と違う

 

 

など整体後2週間ぐらい体の調子が良いと喜ばれております。もちろん個人差がありますので参考程度にしてください。

 

整体後は体が戻らないの?

整体後はどんなに良い生活をしていても戻る可能性はあります。なぜなら体が覚えているからです。当院では戻りを最小限にするため、歩行・座り方・エクササイズをしっかりご案内します。

 

 

お一人お一人生活スタイルをお聞きしながら、その方に合った整体・施術計画を立てていきます。ご不明な点不安に思っていること、何でも気兼ねなくご相談ください。

 

ブログ著者

 

からだの悩み相談

LINE@は予約や相談が可能。是非この機会にご登録を

LINEはコチラ↓↓↓

https://page.line.me/takumi-sekkotsuin

土日祝フリーパス

 

ご予約について

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は2~3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日営業日までにご返信下さいますようお願い申し上げます。

オンラインはコチラ↓↓↓

 

その他:施術案内

 

 

アクセス

 

電車の方

 京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  総武線幕張駅 

 

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

県外からも多数ご来院

トップページ

インナーマッスル整体で!姿勢改善とウエストのクビレを手に入れよう?

千葉市たくみ整体院

PAGE TOP