ブログ | 習志野市内の3D姿勢分析、肩こり整体、腰痛整体、姿勢矯正なら整体きむら家へ


  ブログ

整体きむら家 >> ブログ >> 整体.痛み改善

院長ブログ


自分でゆがみを確認する方法:骨盤編(骨盤の開き)
  • カテゴリー: 整体.痛み改善

自分でゆがみを確認する方法【骨盤の開き編)

 

骨盤の開きをチェック

あおむけに寝て全身の力を抜き、両足を伸ばします。

 

 

骨盤チェック:つま先の開きが均等

 

あおむけに寝て全身の力を抜き両足を伸ばすと、左右のつま先の開きが均等で、おおむね80~90度くらいの角度ならば骨盤の開きは正常です

 

骨盤チェック:左右のつま先が開きすぎ

 

つま先が開いていると骨盤が開いている可能性があります。骨盤が後ろに傾き、姿勢が崩れ猫背になっていきます。骨盤の副交感神経幹で、便秘・尿漏れ・不眠症・だるさを感じることも多くなります。

 

骨盤チェック:左右のつま先が閉じている

 

つま先の角度が小さい場合、骨盤が閉じている可能性があります。骨盤が閉じていると骨盤が前に傾き、腰を反らし・胸を張った姿勢になります。背骨の交感神経幹で、イライラ血圧も上がり無意識に身体がこわばりを感じることが多くなります。

 

骨盤チェック:つま先の左右の開き方が均等でない

 

体がねじれている可能性があります。体をねじって作業している・よく足を組むなどで、左右の骨盤バランスが悪くなります。つま先の角度が大きい足の骨盤は開き、逆の足の骨盤は閉じる傾向あります。体全体のだるさ・緊張・痛みの原因となります。

 

体のゆがみQ&A

 

どのくらいの頻度で通院すればよいですか?

1回の施術で体の痛み・不調・歪み・姿勢は改善されにくいです。最善の施術計画をご提案してまいりますので、出来るだけご理解ご協力をお願い申し上げます。

 

体のゆがみで保険は適応ですか?

申し訳ございません。体の痛み・不調・歪み・姿勢などによる検査施術『姿勢分析・整体』は自費診療となります。保険診療は適応範囲がございます。

 

整体の予約は必要ですか?

当院は完全予約制です。初めての方はweb予約でご予約ください。お急ぎの方はお電話でも承ります。キャンセルは前日の営業時間までにしてください。当日はご予約の10分前に出来るだけお越しくださいませ。

 

施術はどなたがされますか?

私キムラが最初から最後まであなたの体の悩み・痛みにお付き合いします。常に患者様の目線で接してまいります。

 

最後までブログにお付き合いいただきありがとうございました。あなた様が良くなることを心よりお祈り申し上げます

 

トップページ

自分でゆがみを確認する方法骨盤の開き】

詳細はこちら

インナーマッスル整体で!姿勢改善とウエストのクビレを手に入れよう
  • カテゴリー: 整体.痛み改善

インナーマッスル整体で!姿勢改善とウエストのクビレを手に入れよう?

 

体幹インナーマッスルについて

私たちの骨格を支える筋肉は大きく分けて2つにわかれます。一つは表層の筋肉『アウターマッスル』と言われる部分と、深層の筋肉『インナーマッスル』です。インナーマッスルは解剖学では『固有筋』と言います。

 

私たちがお目にする筋肉は表層の筋肉『アウターマッスル』の筋肉です。これら表層の筋肉は容易に鍛えられます!

 

一方深層の『インナーマッスル』の筋肉は、体の奥にあるため中々トレーニングでは付きにくいです。インナーマッスルを鍛えるために必要なことは、姿勢を意識し骨盤・背骨の位置を整えることで、インナーマッスルが動かしやすい状態になります。ではこの固有筋(インナーマッスル)を細かく分けてみましょう。

 

 

お腹のインナーマッスルは3つ

 

主に体幹インナーマッスルと言われる部分はお腹と背中に分かれます。今回はお腹の固有筋について詳しく解説していきます。お腹の深層筋は細かく分けて3つ程あります。

 

大腰筋(だいようきん)

お腹のインナーマッスル一つ目の固有筋は大腰筋(だいようきん)です。大腰筋は腰椎の側面やや前から始まり、骨盤内を通り鼠経靭帯の上を抜け、股関節の内側に付きます。

 

 

小腰筋(しょうようきん)

お腹のインナーマッスルの二つ目は小腰筋(しょうようきん)です。小腰筋は胸椎の12番目と腰椎1番目の側面やや前から始まり、骨盤内の腸骨の前面に付きます。大腰筋と並行している小さな筋肉です。

 

腸骨筋(ちょうこつきん)

お腹のインナーマッスルの三つ目は腸骨筋(ちょうこつきん)です。腸骨筋は骨盤内の腸骨の前面から始まり、鼠経靭帯の上を抜け、股関節の内側に付きます。

 

 

体幹インナーマッスル固有筋の場所

 

ご自分で固有筋(インナーマッスル)を触る時には2か所触ることが出来ます。

 

大腰筋・小腰筋の確認場所

大腰筋と小腰筋は平行していますので一緒に確認します。お臍から3横指外側にあるスジばったところが大腰筋・小腰筋です。

 

大腰筋・小腰筋を触る時のポイント

触る時のポイントは力を抜いて背中を丸め、体を捻じるとスジばりを感じます。そこが大腰筋と小腰筋です。

 

腸骨筋の確認場所

腸骨筋は骨盤の内側にありますが、お腹が邪魔して一部しか触ることが出来ません。骨盤の骨側上部側面で触ることが可能です。

 

インナーマッスルと神経について

 

固有筋の近くには腰神経叢(ようしんけいそう)と言う神経が密集しています。この神経の束は大腰筋の下を通り抜け、お尻の坐骨神経へとつながります。

 

 

インナーマッスルが硬いと神経を圧迫

インナーマッスルが何らかの形で硬くなり、腰神経叢を圧迫するとそこから先に延びる坐骨神経に沿って、痛みや下肢のしびれなどを引き起こす事があります。

 

インナーマッスルと姿勢について

 

お腹のインナーマッスルと姿勢はとても大切な関係があります。お腹のインナーマッスルが弱くなると、姿勢が徐々に崩れてしまいます。当院ではインナーマッスルの機能が弱くなって、体の不調や痛みの患者さんを大勢見て参りました。そしてこのインナーマッスルの大切さを伝え、多くの患者さんを救って参りました。

 

機能低下で背骨の湾曲が悪くなる

先ほどインナーマッスルを解剖図で見ました。インナーマッスルは脊骨の横から骨盤内あります。当然インナーマッスル機能が落ちてしまうと背骨にも影響を与えます。背骨は頭から骨盤までキレイな背骨s字湾曲をしております。 

 

生活習慣が良くて運動をされていればインナーマッスルはしっかり働きます。

 

しかし多くの人は、長時間座る・歩く距離が短いなどで、インナーマッスルの機能が低下し背骨s字湾曲も失われてしまいます。

 

 

 

年齢は余り関係ありません

皆さん年齢を気にする方が多いようですが、加齢によってインナーマッスルが弱くなる人は、生活習慣・歩行で背中が徐々に丸くなる方が大半です。

 

若い人でもインナーマッスルが弱い人は沢山いらっしゃいます。インナーマッスルをしっかり整えることは、姿勢悪化を止め固有筋の緊張もなくなり体の歪もリセットされます。

 

 

安心安全なインナーマッスル整体

 

皆さんインナーマッスルの重要性はご理解いただけましたでしょうか?お腹の固有筋と姿勢保持はとても大切な関係です。では最後に姿勢保持をする上でも大切なインナーマッスルをどのように整えるのか触れたいと思います。

 

整体前後の歩行を確認

インナーマッスルの整体をする前に確認動作が必要です。それは歩行です

 

正しい歩行が出来ていないと、いくらインナーマッスルを整体で整えても元に戻る可能性が高いからです。歩行は体の前後の筋肉や股関節に働き、しっかりと姿勢バランスを保たれます。

 

 

歩幅が広すぎたり・前のめりで歩いたり・指先が外内に向いて歩くと、体の前後の筋肉がうまく使われなくなり、歩行中バランスを崩すか・常に支えるためインナーマッスルが緊張してしまいます。

 

 

歩行が悪いと色々な体の不調や症状も出てしまいます。しっかり正しい歩行をマスターしましょう。

 

 

重心バランスを確認する

歩行の次に大事なのは重心バランスです。人は絶えず立つ時も座る時も体の軸でバランスを取っています。もし、インナーマッスルが緊張したり退化してしまうと、重心のバランスを保つことが出来なくなり、体に悪い影響を与えます。

 

 

そこで当院では体重計を2つ用意し体重の左右差を確認します。

 

 

体重差を理解できると、筋肉バランス・姿勢保持・歩行がスムーズになります。当院では整体を受ける前に、歩行の確認・体重の左右差をしっかり意識する事を心掛けています。

 

大腰筋・小腰筋の整体術

大腰筋の整体術は、お腹に一定の圧を加えていきます。大腰筋は強く抑えると気持ち悪い・胸やけ・食欲不振を招く恐れもあります。消化器系(胃・小腸)などの奥にありますので、より一定の圧と骨盤の捻じれを利用し大腰筋を整えます。

 

骨盤の捻じれを利用した整体術

お臍の3横指前面の部分を手の腹で抑え、大腰筋(背骨側面から股関節辺り)を内側に捻じりながら、両ひざを倒していくのがポイントです。

 

腸骨筋の整体術

腸骨筋の整体術は大腰筋とは異なり股関節を曲げて息を吐きながら整えていきます。腸骨筋も消化器系(膀胱・大腸)の奥にありますので、一定の圧と呼吸を利用し腸骨筋を整えます。

 

 

呼吸を利用した整体術

骨盤内の骨側2横指前面の部分を手の腹で抑え、腸骨筋(骨盤上部側面から股関節辺り)を呼吸に合わせながら、両ひざを胸に倒していくのがポイントです。

 

 

体がポカポカ・お腹もスッキリ

インナーマッスルを整体で整えると、姿勢保持・体重バランスが保たれ・歩行をスムーズになります。それ以外に当院の整体を受けられた方にお聞きすると、

 

  • 血のめぐりが良くなった
  • 体ポカポカ気持ちよさを
  • お腹がすくようになった
  • 便秘・生理痛が前と違う

 

 

など整体後2週間ぐらい体の調子が良いと喜ばれております。もちろん個人差がありますので参考程度にしてください。

 

整体後は体が戻らないの?

整体後はどんなに良い生活をしていても戻る可能性はあります。なぜなら体が覚えているからです。当院では戻りを最小限にするため、歩行・座り方・エクササイズをしっかりご案内します。

 

 

お一人お一人生活スタイルをお聞きしながら、その方に合った整体・施術計画を立てていきます。ご不明な点不安に思っていること、何でも気兼ねなくご相談ください。

 

 

トップページ

インナーマッスル整体で!姿勢改善とウエストのクビレを手に入れよう?

詳細はこちら

足のふくらはぎ・スネがつる原因|姿勢・骨格から特徴を姿勢整体師が解説!
  • カテゴリー: 整体.痛み改善

足がつる人の姿勢・骨格について|年間1000人以上の姿勢分析をする整体師が解説

 

皆さんは『足がつる』と言うと、筋肉の痙攣(けいれん)をイメージされると思います。医学的には、腓腹筋(ひふくきん)の痙攣で、ふくらはぎが過剰に縮んだ状態を指します。

姿勢・骨格からよく『足がつる』人の特徴

よく『足がつる』人の姿勢・骨格の特徴を4つほどあげたいと思います。

 

  • 背骨が丸い・狭い人
  • 骨盤の傾斜が悪い人
  • ヒザの屈伸が悪い人
  • かかとの位置が悪い人

 

当院へ来られた人の姿勢・骨格を見ると、実際はもっと細かく筋肉や関節を状態を診るのですが、今回は4つ程『足がつる』人の特徴を挙げてみようと思います。

 

背骨が丸い・狭い人は足がつる

 

背骨は32個の骨で出来ています。一つ一つ関節して、その中に脊髄神経が通ります。背骨が丸い人や背骨が狭い人は、脊髄神経の通り道を姿勢の崩れにより刺激を与えたり圧迫をすることで『足がつる』状態になります。では実際の患者さんの姿勢を見てみましょう。

 

背骨が丸い人の姿勢は

この方は80歳の腰が痛くて病院で変形性腰椎症と診断された人です。見るからに上半身が前のめりとなり、背骨がおじぎした状態です。背骨が丸くなると脊髄神経の出口を強く伸ばされた状態となります。常に背骨が丸い状態は神経を過剰に伸ばすので『足がつる』腰に痛みを感じやすい状態となります。

 

 

背骨が狭い人の姿勢は

背骨が狭くて腰痛を感じて当院へ来られた70歳の女性です。見るからにお腹を突き出しております。お腹を突き出す姿勢は下半身が前に位置しバランスを取ろうと上半身が後ろに傾いていきます。この状態で腰が反れ背骨が狭くなります。背骨が反れた状態は脊髄神経の出口を圧迫します。神経の圧迫は腰痛や『足がつる』などの症状が出ることがあります。

 

 

背骨が丸い・狭いチェック

立った状態で壁に寄りかかる方法:確認する時(踵・お尻・背中・頭)をしっかり壁に付けましょう。腰に手の平が1個分ぐらい入るのが理想だと言えます。

 

 

骨盤の傾斜が強い・弱いと足がつる

 

骨盤は体の中心的な存在です。骨盤のゆがみ・左右の高さが違うなどで色々な体の不調を生じる場所でもあります。ではこの骨盤の傾斜と『足がつる』の関係性について触れてみたいと思います。

 

骨盤の傾斜が強い

骨盤の傾斜の理想は約25~30°と教科書で教わりましたが、実際のところ骨盤の傾斜が強い人でも20~25°位の傾斜です。傾斜が強い人は重心が前にかかるので、足のスネ辺りに力が入りやすい状態となり『足の外スネがつる』ことがあります。この方でも左が21,7°なので教科書で教わった内容とギャップがあります。

 

 

骨盤の傾斜が弱い

逆に骨盤の傾斜が弱い人は5~10°位の傾斜かなと個人的に思います。傾斜が弱いと重心が後ろにかかるので、ふともも・ふくらはぎ辺りに力が入りやすい状態となり『足のふともも裏・ふくらはぎがつる』ことがあります。

 

 

骨盤傾斜角度について

ご自分で傾斜をチェックポイントは、上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)と後上腸骨棘(こうじょうちょうこつきょく)を結んだ線と、恥骨(ちこつ)と股関節を結んだ線の交わるところが骨盤傾斜角度になります。解剖学では傾斜角度30°前後が理想とされておりますが、当院の姿勢分析で大勢の方を見ると15~18°位の人が一番体に負担が出ないと感じております。ご自身で測ることは困難なのでポイントだけ参考にして下さい。

 

 

 

膝の曲げ・伸びにくいと足がつる

 

膝の関節は平面的な構造をしているので、とても歪みやすい関節です。また股関節や足首の影響を受けやすく、膝の関節が悪いと他の場所に影響を与えます。よく膝の歪みでO脚・x脚などが例に挙げられますが、『足がつる』と、どのような関係があるのかお話しします。

 

 

脛骨が内側に捻じれ曲げにくい

膝の関節は大腿骨(だいたいこつ)膝蓋骨(ひつがいこつ)脛骨(けいこつ)からなります。x脚の人に多いのですが、前から見て脛骨が内側に捻じれると、膝裏内側の筋肉にストレスを与え続けて、膝がしゃがみにくかったり『膝裏の内側がつる』ことがあります。

 

 

脛骨が外側に捻じれ伸ばしにくい

反対にO脚の人に多いのですが、前から見て脛骨が外側に捻じれると、膝裏外側の筋肉にストレスを与え続けて、膝が伸ばしにくかったり『膝裏の外側がつる』ことがあります。

 

 

膝の隙間をチェックしよう

足がつる・つらないに限らず、膝はすき間が少ない方がよいですし、歩くと膝がこすれる人はかなり膝の捻じれがありますのでチェックしましょう。

 

チェックポイント

立った状態両くるぶしを付けて膝を伸ばします。指が入らなければ正常範囲です。逆に両膝がつくけど、内くるぶしが離れてしまう人はx脚になっています。

 

 

踵の位置が悪いと足がつる

 

かかとは歩く時・立つ時・移動する時、全ての生活に対し体重がかかる、とても大切な場所です。足の関節は脛骨(けいこつ)・腓骨(ひこつ)・距骨(きょこつ)・踵骨(しょうこつ)からなり、足の関節は2つあります。距腿関節(きょたいかんせつ)と距骨下関節(きょこつかかんせつ)です。

 

 

今回はかかとの部分(距骨・踵骨)距骨下関節について最後に触れたいと思います。

 

 

 

踵の位置が外側になる人

踵から見て外側にある状態を『過回内位』運動学では『足首の外返し』と言います。足首の外返しは、内くるぶしに強いストレスを与えます。この状態で歩いたり生活をされると、足首を曲げる筋肉ふくらはぎに負担をかけ続けて足のふくらはぎは・スネがつる』状態になります。

 

 

踵の位置が内側になる人

踵から見て内側にある状態を『過回外位』・運動学では『足首の内返し』と言います。外くるぶしに強いストレスを与えます。この状態で歩いたり生活をされると、足首を反る筋肉スネの外側に負担をかけ続けて足のふくらはぎは・スネがつる』状態になります。

 

 

踵は歩き方により歪む

足首をケガされた人以外に踵の歪みが生じている人は、ほぼ9割近く歩き方により踵が歪んでいると思って下さい。足首の靭帯が緩くなった人も踵が歪むのでしっかりとケアしましょう。

 

踵の歪みを改善する方法

ご自分で踵の歪みを改善する方法としては

  • 歩き方の癖を正すこと
  • 足首を頻繁に回すこと

 

歩き方の癖を治すには

  • 出来るだけ指先を正面に向けましょう
  • 歩幅を広くして歩くのは止めましょう
  • 踵の角で着いて歩くのは止めましょう

 

足首を回すポイント

  • 踵が外側の人・・足首を内返しに回す
  • 踵が内側の人・・足首を外返しに回す

 

最後に!

今回は足がつるについて姿勢・骨格から解説して参りましたが『足がつる』状態は体の何らかのサインです。内科的な要因もありますので、しっかり専門的に見てもらえる医療機関・治療院へ相談してください。最後までお付き合いいただきありがとうございます。あなた様がいつまでも健康で幸せでありますよう心よりお祈り申し上げます。

 

悩みが解消されたら何がしたい?

 

  • お子さん・お孫さんを抱っこしたり
  • ショッピング・お食事を楽しんだり
  • 時には一人ブラっと一人旅をしたり
  • 大好きな趣味をお友達と楽しんだり

 

生きがいを持って生活を楽しむことも出来ます

年齢は特に余り関係ありません。

治す気持ちと行動力で良くなります!

 

ご予約はコチラまで

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は2~3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日営業日までにご返信下さいますようお願い申し上げます。

ネット予約はコチラ↓↓↓

 

トップページ

足がつる人の姿勢・骨格について

詳細はこちら

あぐらがかけない・股関節が開かない人は仙骨を突き上げろ!
  • カテゴリー: 整体.痛み改善

あぐらをかく・股関節を開くと後ろに倒れる!

 

股関節のストレッチ

なかなか効果が出ていない人

 

  • 『仙骨』を突き上げる
  •  
  • と効果が出るについて
  • お話ししたいと思います

 

皆さんはこんな悩みありませんか?

 

  • あぐらをかくと体が後ろにいってしまう
  • 股関節ストレッチでどうしても腰が伸びない

 

今現在

 

股関節ストレッチをして

 

  • いくら股関節を開こうとしても
  • 中々改善には至らないと思いなら

 

それ以外に

 

原因があると思われます

 

それはあなたの『仙骨』が動いていない

 

もしあなたが

 

  • あぐらをかいて
  • 後ろに倒れてしまうのなら
  • 『仙骨』を突き上げましょう

 

≫続きは動画をご覧ください

 

 

トップページ

あぐらをかくと、股関節を開こうとすると体が後ろに倒れてしまう

詳細はこちら

頭蓋骨の歪みを整える体が楽になる
  • カテゴリー: 整体.痛み改善

 

なぜ頭蓋骨の歪みを整えるの?

なぜ頭ガイ骨の歪みを整えるのか?一般的に頭蓋骨は脳を守る役割なのは分かりますが、実はそれ以外の大切な機能が備わっています。その前に頭の骨がどうなっているのか解説して参ります。

 

頭ガイ骨について

頭蓋骨は22個の骨が組み合わさってできています。脳を守る部分、脳頭蓋(のうとうがい)と 目・鼻・口などを守る顔面頭蓋(がんめんとうがい)に分かれます。 22個ある頭蓋骨は、ギザギザしている線、縫合(ほうごう)により骨同士がつながっています。

 

 

脳頭蓋

  • 前頭骨 頭頂骨 側頭骨
  • 後頭骨 蝶形骨 篩骨

 

顔面頭蓋

  • 下顎骨 上顎骨 口蓋骨 頬骨
  • 鼻骨 涙骨 鋤骨 下鼻甲介

 

 

赤ちゃんの頭ガイ骨

赤ちゃんの頭蓋骨はとても柔らかく骨同士に隙間が空いています。その理由は、お母さん(母体)の産道をできるだけ傷つけない様に。もう一つは、人の脳は2歳くらいまでに4倍ほどの大きくなるため小さい頭蓋骨だとすぐに一杯になってしまうので隙間が空いています。

 

そして脳の形成が完成するにしたがって、骨同士の隙間が重なりあっていきます。これを縫合(ほうごう)と言います。大人になっても頭蓋骨が柔らかいままだと脳を守ることは出来ませんよね、何千年と培ってきた人間の素晴らしい能力の一つです。そしてもう一つ脳や脊髄を守るのが脳脊髄液です。

 

脳脊髄液について

脳脊髄液は脳と脊髄を包んでいる硬膜の中にある半透明な液体です。脳と脊髄はこの液体の中に浸っていて、衝撃や振動から脳や脊髄を守っています。自転車に乗っているときでも、歩いている時でも、スポーツをしていても常に脳脊髄液が脳や脊髄を守ってくれています。

 

 

頭蓋骨と呼吸

大人になって硬くなった頭蓋骨、実はホンの少しだけ縫合(ほうごう)の部分が動いています。動くといっても腕や足のように大きな動きではなくほんの?単位です。皆さんは知らないと思いますが、頭蓋骨は肺呼吸と連動しています。

 

頭蓋骨と肺呼吸の連動

頭蓋骨と呼吸が連動している理由は、頭蓋骨が脳脊髄液のポンプの役割を担っているからです。心臓が血液を循環させている様に、頭蓋骨も古くなって淀んだ脳脊髄液を循環させています。

 

脳脊髄液が循環されないと脳の機能が低下します。するとうつ病や自律神経失調症に特有な症状が出てくるのです。そのため、頭蓋骨が膨らんだり元にもどったりして脳脊髄液をポンピングして循環させているのです。

 

脳脊髄液は心臓みたいに脈打つくらい激しく循環せずに、ゆっくりと時間をかけながら循環しています。

 

脳脊髄液循環不全の症状!

  • 不眠症・めまい
  • 耳鳴り・偏頭痛
  • うつ病・認知症
  • 自律神経失調症

 

頭蓋骨の動きを確認する方法

通常、頭蓋骨は1分間に10回前後膨らんだり戻ったりしています。この動きを見分けるのは難しいのですが、一般の方でも頭をさわって頭蓋骨の動き確認する方法があります。頭を布できつめに締め大きく呼吸し、息を吸った時に布がきつくなる感じが分かれば頭蓋骨の動きが確認できます。

 

頭蓋骨は色々な原因で歪む

頭蓋骨のゆがみの原因はストレス・かみ合わせ・寝かたなどが多いです。頭蓋骨は2歳くらいで形が決まりますが歪みはいつでも起こりえます。

 

 

頭蓋骨の歪みを見分けるポイント

以下は頭蓋骨のゆがみを見分けるポイントですチェックしてみて下さい。

  1. 耳の高さが左右で違う
  2. 目の大きさが左右で違う
  3. 目の高さが左右で違う
  4. 鼻の穴の大きさが左右で違う
  5. 顔の真ん中とあごの真ん中がずれている
  6. 左右の顔の幅が違う
  7. 顔がバナナのように曲がっているように見える
  8. 頭を上から見た時に左右で形が違う

 

頭蓋骨のゆがみ具合をチェックしてみましょう。この中で3つ以上あてはまれば頭蓋骨のゆがみが存在するでしょう。

 

トップページ

詳細はこちら