ブログ | 千葉市幕張にある姿勢矯正専門院、検査、診断、エクササイズで根本治療し、肩こり、腰痛を改善するたくみ接骨院です


  ブログ

たくみ接骨院 >> ブログ >> 症状.原因.対処法.net

院長ブログ


骨粗鬆症と整腸|千葉市幕張たくみ接骨院
  • カテゴリー: 症状.原因.対処法.net

整腸と骨粗鬆症|千葉市たくみ接骨院

 

骨粗しょう症とは

骨の密度が衰え、骨折しやすくなる骨の病気を「骨粗しょう症」と言います。骨粗しょう症になると骨がもろくなります。わずかな力(つまずく・尻もち)で骨折してしまうことがあります。骨粗しょう症は痛みなどの自覚症状がありませんので、定期的に病院で骨密度検査を受ける必要があります。

 

健康な人の骨と骨粗しょう症患者さんの骨

骨のイメージ図

 

骨粗しょう症と健康寿命

日本は世界でもトップクラスの長寿国です。ただし健康で人の手を借りずに生活を送れる「健康寿命」の人は意外に少ないようです。健康でイキイキとした毎日を送りたいと誰しも願います。しかし多くの方が終焉を迎える10年間痛みを伴い生活されています

 

私たちの生活を支える骨は、『出来るだけ丈夫で』『骨の代謝を改善すること』が骨粗しょう症を未然に防ぎ、健康寿命を延ばしことにもつながります。

 

骨粗しょう症に必要な栄養素

カルシウム
カルシウムは骨をつくる主要な成分であり欠かせない栄養素です。

 

ビタミンD
カルシウム吸収、骨形成と骨吸収のバランスも調整します

 

ビタミンK
骨密度を著しく増加させませんが、骨形成を促進する作用があり骨折の予防効果が認められています。

 

 

骨はどこで吸収される

骨粗しょう症に必要な栄養素は『小腸』で吸収されます。例えば食品から摂取したカルシウムは、小腸で脂質と一緒に活性ビタミンDとして作用し吸収されます。ビタミンDは紫外線から作られることが多いですが、食物から(魚介類や、きくらげ、干ししいたけ、きのこ類)からも摂取が可能です。ビタミンKは緑葉野菜、植物油、豆類、海藻類、納豆やチーズなどに含まれ、体内の腸内細菌によっても作られる。

 

 

腸内環境を整えましょう

現代の食品は、食品添加物、防腐剤、合成着色料、など腸内細菌の減少させる要因の物が数多くあります。骨に必要な栄養素の吸収障害を起こしやすい環境で、宿便や腸の動きが滞ると骨粗しょう症以外に生活習慣病にもなります。

 

腸と骨盤をリセット

腸内環境を整えるために必要なことは、腸をマッサージすること、骨盤を整えることがよろしいかと思います。

 

ブログ著者
 

体の悩み相談

 

体の悩み相談はLINE@で可能です。2~3営業日に返信いたします。LINE@はご登録が無料のアプリです。1:1トークで他者様には見られません。予約キャンセル時にもご利用できます。

LINEはコチラ↓↓↓

ご予約について

 

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日の営業30分前にご返信下さいますようお願い申し上げます。

オンラインはコチラ↓↓↓

 

その他:施術案内

 

接骨:事故の怪我・骨折・脱臼・捻挫

はり・灸:めまい・自律神経・関節痛

整体:体の不調・姿勢改善・骨盤など

水素風呂リタライフ:アトピー・肌荒れ

 

アクセス

 

電車の方

京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  総武線幕張駅

 

たくみ接骨院アクセス

〒262-0032

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

千葉市・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市

トップページ

骨粗鬆症|千葉市幕張たくみ接骨院

詳細はこちら

骨の変形、本当に痛い?千葉市たくみ接骨院
  • カテゴリー: 症状.原因.対処法.net

骨の変形は本当に痛いのか|千葉市幕張『痛みの専門院』たくみ接骨院

 

骨の変形による体の痛みに迫る!

骨の変形で体の痛みを感じるあなたの体の痛み、本当に骨の変形から来ているの『変形性膝関節症』『変形性腰椎症』と診断され治療を続けているが痛みが引かず思うような結果が出ていないあなたへ

 

こんな疑問を感じていませんか?

『カルシウム剤・サプリを飲んでいる』『病院でブロック注射しているのに』『だるい痛み』『ズキズキする痛み』『重たい痛み』『鋭い痛み』などの体の痛み。なぜよくならないんだろう本当は骨以外に原因があるのかな?レントゲン診断でこのように言われた

 

あなたの骨は正常です!

レントゲン・MRI検査で骨に異常が無いと診断、でもあなたの体は痛い、鎮痛剤・電気治療をするも痛みが消えず、どうしていいか分からない?医療機関に不安や不満を持っている。

 

あなたは骨が変形しています!

レントゲン撮影で骨に変形が有り、軟骨もすり減って神経を圧迫していると言われ手術を受けました。それからしばらくすると腰に違和感が出始め、牽引治療・電気治療・痛み止めを処方され、次第に医療機関に不信感を持ち始めている。

 

手術後のアンケート調査によると

医療機関で術後の経過で300件を対象にアンケート調査したところ、75%弱の方が何らかの不満を医療機関に漏らしています

 

今、医療で問われていること

医療現場で問われている事は『検査の質』『痛みの考え』『治療』

 

検査の質について

検査の質についてテストをしてみましょうとある2名の腰部レントゲン写真

 

Aさん70代女性

 

Bさん70代女性

 

 

レントゲン診断で腰痛持ちなのは?実は両者とも腰痛はありません。もともと心療内科に行かれていた方々たちです。とある2名の股関節部レントゲン写真

 

 

股関節で人工関節を入れた方【術後5年】

 

 

左変形性股関節症と診断された方

 

 

レントゲン診断で股関節痛をお持ちなのは?実は両者とも股関節痛ではありません股関節に変形があっても、痛みが股関節にあるとは限りません。こちらの患者様は腰痛治療を受けている方々です。変形性と診断され、画像診断で痛みの原因を特定するには限界があります。骨の変形と診断され、その骨の変形で痛みとマッチするのは2~5%弱です。レントゲンは現状の骨の形で表したものです。ガン・腫瘍・炎症などには有効です。それ以外の痛みや神経痛の確定診断にはなりえません。骨の形を見る参考材料でしかありません。

 

 

徒手検査法で痛みの原因を診れる

筋肉・関節可動域などを検査する、いわゆる徒手検査法は数多く有ります。医療に携わる者は、画像診断+徒手検査法(直接患者さんに触り診察)するのがベターではないでしょうか

 

痛みの考えについて

75%近くの方が医療機関に不満を漏らす現状、正に痛みの常識そのものを変える骨が変形しているから痛い!軟骨が減っているから痛い!神経が圧迫されていて痛い!これら痛みの常識は間違いです。皆さんはいつまでこれら痛みの常識を信じ続けるのですか?今やドクター・看護師・理学療法士など医療関係者も、痛みの考え・痛みの常識を改め始めています。

 

筋・腱・関節の治療を行いましょう

骨の変形による体の痛みが出る人はホンの少数です。大多数の方は筋肉や関節といったところが硬くなり緊張し痛みを出しています。痛みを出さない体作りを一緒に治療していきましょう

 

ブログ著者
 

体の悩み相談

 

体の悩み相談はLINE@で可能です。2~3営業日に返信いたします。LINE@はご登録が無料のアプリです。1:1トークで他者様には見られません。予約キャンセル時にもご利用できます。

LINEはコチラ↓↓↓

ご予約について

 

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日の営業30分前にご返信下さいますようお願い申し上げます。

オンラインはコチラ↓↓↓

 

その他:施術案内

 

接骨:事故の怪我・骨折・脱臼・捻挫

はり・灸:めまい・自律神経・関節痛

整体:体の不調・姿勢改善・骨盤など

水素風呂リタライフ:アトピー・肌荒れ

 

アクセス

 

電車の方

京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  総武線幕張駅

 

たくみ接骨院アクセス

〒262-0032

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

千葉市・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市

トップページ

骨の変形は本当に痛いのか|全国で骨の変形・骨の痛みで悩んでる方へ

詳細はこちら

PAGE TOP