ブログ | 千葉市幕張にある姿勢矯正専門院、検査、診断、エクササイズで根本治療し、肩こり、腰痛を改善するたくみ接骨院です


  ブログ

たくみ接骨院 >> ブログ

院長ブログ


体幹インナーマッスル|姿勢の崩れで坐骨神経痛になりやすい
  • カテゴリー: 坐骨神経痛.お尻の痛み.しびれnet

体幹インナーマッスル|姿勢の崩れで坐骨神経痛になりやすい|千葉市幕張たくみ接骨院

千葉市幕張で坐骨神経痛・腰の痛み・シビレを体幹インナーマッスル・深層筋から改善へと導くたくみ接骨院キムラです。今回はお腹の深層筋インナーマッスルを変えることで、坐骨神経痛症状が改善へと導く内容について解説して参ります。

体幹インナーマッスルについて

 

体幹の筋肉は大きく分けて表層(アウターマッスル)と深層(インナーマッスル)に分かれます。私たちが普段お目にする筋肉は表層(アウターマッスル)です。これらの筋肉は鍛えることが容易ですが、深層(インナーマッスル)の筋肉は意識しなければ中々鍛えることが難しく動きも限定されます。深層筋(インナーマッスル)を細かく分けると

 

お腹のインナーマッスルは3つ

体幹インナーマッスルはお腹と背中に分かれますが、今回はお腹の深層筋について触れていきます。お腹の深層筋は細かく分けて3つ程あります。

 

①大腰筋(だいようきん)

お腹のインナーマッスルの一つ目は大腰筋です。解剖図で見ると腰椎の側面やや前から骨盤内を通り鼠経靭帯の上を抜けて、股関節の内側に付きます。

 

大腰筋の解剖図

 

②小腰筋(しょうようきん)

お腹のインナーマッスルの二つ目は小腰筋です。解剖図で見ると胸椎の12番目と腰椎1番目の側面やや前から骨盤内の腸骨の前面に付きます。大腰筋と並行している小さな筋肉です。

 

小腰筋の解剖図

 

③腸骨筋(ちょうこつきん)

お腹のインナーマッスルの三つ目は腸骨筋です。解剖図で見ると骨盤内の腸骨の前面から、鼠経靭帯の上を抜けて股関節の内側に付きます。

 
腸骨筋の解剖図

 

体幹インナーマッスル深層筋の場所

 

ご自分で深層筋(インナーマッスル)を触る時には2か所触ることが出来ます。

 

①大腰筋・小腰筋の確認場所

大腰筋と小腰筋は平行していますので一緒に確認します。お臍から3横指外側にあるスジばったところが大腰筋・小腰筋です。

 

大腰筋・小腰筋を確認

 

大腰筋・小腰筋を触る時のポイント

触る時のポイントは力を抜いて背中を丸め体を捻じるとスジばりを感じます。そこが大腰筋と小腰筋です。

 

 

②腸骨筋の確認場所

腸骨筋は骨盤の内側にありますが、お腹が邪魔して一部しか触ることが出来ません。骨盤の骨側の中で触ることが可能です。

 

腸骨筋を確認

 

 

 

深層筋と腰神経叢について

深層筋の近くには神経、腰神経叢(ようしんけいそう)が密集しています。この神経の束は大腰筋の下を通り抜け、お尻の坐骨神経へとつながります。

 

 

 

深層筋が硬いと神経を圧迫

深層筋が何らかの形で硬くなり、腰神経叢を圧迫するとそこから先に延びる坐骨神経に沿って、お尻の痛みや下肢のしびれなどを引き起こす事があります。

 

 

なぜインナーマッスルが大切?

そもそもお腹の深層筋インナーマッスルと坐骨神経痛の関係とは?当院では坐骨神経痛になる根本的な原因として姿勢の悪化であると考えております。そのなかでもお腹の深層筋が弱くなった方々を大勢見て参りました。そして深層筋の大切さを伝え、多数の坐骨神経痛患者さんを改善さてれおります。

 

 

背骨の湾曲は25歳を境に

一般的に脊骨は頭から骨盤まで綺麗なs字湾曲をしております。8~25歳位までの背骨の湾曲はとてもキレイな方が多いです。それが25歳を境に、頭を支える・体のバランスを保つ・内臓を守る・深層筋の筋力が徐々に退化していきます。

 

 

生活習慣や運動をしっかりされている人は、25歳でも湾曲も失われることは少なく、坐骨神経痛・辛い腰痛やしびれ症状が出る事も余りありません。

 

 

姿勢悪化はトラブルのもと

加齢による背骨の変形・生活習慣で背中が丸くなった人、全ての人が坐骨神経痛になるとは限りません。しかし姿勢悪化は筋肉の緊張関節の歪に負担を掛けてしまい、血液・リンパの循環不全・神経の圧迫を生じる恐れもあります。

 

姿勢が崩れるメカニズム

 

深層筋と姿勢保持について

お腹の深層筋と姿勢保持はとても大切な関係です。姿勢を保持する筋肉は体の前と後にあります。背中や腰と言った体の後ろの筋肉は主に頭を支えます。胸やお腹と言った体の前面の筋肉は主に姿勢を保ちます。体幹の前後の筋肉がうまく使われなくなれば、坐骨神経痛・腰痛・しびれ症状が出てしまいます。

 

 

深層の筋肉を動かさないと

特に体の前面の筋肉の退化は坐骨神経痛に影響を与えます。筋肉は元々縮む性質があり、姿勢悪化で狭くなると深層筋の下にある神経を圧迫する事もあります。ですのでしっかりとお腹の圧を保つことが大切です。

 

 

深層筋を保つポイント

深層筋を一定に保つには、主に前面の大腰筋(背骨側面から股関節辺り)・・骨盤内にある腸腰筋(骨盤内~股関節)を一定に保つことがポイントになります。

 

 

姿勢の悪化はこれらの筋肉の緊張や縮みによってもたらされていきます。大腰筋・腸腰筋を縮み過ぎず・伸び過ぎずを回復すれば坐骨神経痛は早く改善されるのではないでしょうか。

 

 

深層筋と姿勢保持について

特に大腰筋と姿勢は密接な関係をしております。背中が丸い・反り腰・腰猫背などで骨盤の位置や傾斜が変わると強いストレスをかけ続けてしまい大腰筋が硬くなります。

 

猫背と大腰筋

背中が丸い人は、常に使われにくく大腰筋が縮んだ状態になります。この状態ですと腰神経叢を圧迫してしまい、坐骨神経痛や腰痛になることがあります。

 

反り腰と大腰筋

反り腰の人は腰から背中までが反り、常に大腰筋が緊張した状態になります。股関節の付け根が痛くなったり・脊柱管が圧迫されたり・慢性腰痛になることが多いです。

 

腰猫背と大腰筋

腰の丸い猫背の人は、常に使われにくく大腰筋が縮んだ状態になります。この状態ですとバランスをとるため首を突き上げる、背中の緊張・お尻や坐骨神経痛・腰痛になることもあります。

 

 

おススメの関連記事

 

 

坐骨神経痛に効果的なストレッチ

 

 

症状緩和するツボ

 

坐骨神経痛に効果的なツボ

 

坐骨神経痛と整体について

 

坐骨神経痛症状のお持ちの方は、生活環境で症状が出る前から姿勢・体重バランスを崩されているケースが多いです。お一人お一人生活スタイルをお聞きしながら、その方に合った整体・施術計画を立てていきます。ご不明な点不安に思っていること、何でも気兼ねなくご相談ください。

 

施術内容はコチラ≫坐骨神経痛の施術

 

悩みが解消されたら何がしたい?

 

  • お子さん・お孫さんを抱っこしたり
  • ショッピング・お食事を楽しんだり
  • 時には一人ブラっと一人旅をしたり
  • 大好きな趣味をお友達と楽しんだり

 

生きがいを持って生活を楽しむことも出来ます

 

坐骨神経痛で気になる記事

 

 

ブログ著者

 

からだの悩み相談

LINE@は予約や相談が可能。是非この機会にご登録を

LINEはコチラ↓↓↓

https://page.line.me/takumi-sekkotsuin

土日祝フリーパス

 

ご予約について

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は2~3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日営業日までにご返信下さいますようお願い申し上げます。

オンラインはコチラ↓↓↓

その他:施術案内

 

アクセス

 

電車の方

 京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  総武線幕張駅 

 

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

千葉市・船橋市・習志野市・八千代市からも多数ご来院

トップページ

体幹インナーマッスル|姿勢の崩れで坐骨神経痛になりやすい

千葉市幕張たくみ接骨院

詳細はこちら

坐骨神経痛病院で改善しない痛み・シビレを整体で|千葉市たくみ接骨院・整体院
  • カテゴリー: 坐骨神経痛.お尻の痛み.しびれnet

坐骨神経痛病院で改善しない痛み・シビレを整体で|千葉市たくみ接骨院・整体院

 

千葉市幕張で整体院・病院・整形外科で改善しない坐骨神経痛症状を、姿勢整体で改善へと導くたくみ接骨院のキムラです。今回は坐骨神経痛症状・足にシビレがある方に、当院の整体はどのようなことをするのか?お話していきます。まず始めに坐骨神経痛の症状・原因について解説したいと思います。

 

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛は神経に沿った痛み・しびれなどの症状が多いです。人によって腰・お尻・ふとももの裏・すね・ふくらはぎと全体的に痛み・しびれ症状が出ることもあれば、部分的な痛み・しびれ症状が伴うケースもあります。

 

症状としては

 

  • 腰の痛み・臀部の痛み・しびれ
  • 太もも・足先まで痛む・しびれ
  • 体重をかけると足に電気が走る
  • 同じ姿勢で、座るのがしんどい
  • 足を投げ出しで床にすわれない

 

などの症状を伴うケースが多いようです。

 

坐骨神経痛の原因について

 

よく坐骨神経痛を病名と勘違いされる方がいらっしゃいますが病名ではなくて症状名です。この症状名である坐骨神経痛の原因を特定するため、病院・整形外科はレントゲン・MRI・CTなどの画像診断検査をおこないます。原因としては

 

病院で診断される場合

 

  • 脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア
  • 腰椎すべり症・腰椎分離症
  • 変形性腰椎症・腰椎神経根症
  •  

 

 

など、背骨由来の疾患による圧迫が原因であると診断されるケースが多いです。

 

坐骨神経痛検査について

坐骨神経痛の原因を探すもう一つの手段として、病院・整形外科・他の整体院では徒手検査(としゅけんさ)を行います。徒手検査は患者さんを寝かせた状態(ブラガード・SLR・ケンプ・パトリック・FNS・ニュートン)テストなどを行います。

 

①徒手検査法について

徒手検査には少し問題点があります。それは検査する術者の技量や力加減によって患者さんに負担をかけてしまう。また再度検査する時の角度や力加減などで再現しずらいのも欠点です。

 

徒手検査の欠点は寝かせた状態で行うため、本来の状態重力に沿った痛みの原因特定が出来無いことです。寝かせた状態は体重が余りかからない状態なので、原因の判断材料にはなりますが特定診断とは言えません。

 

②画像診断について

レントゲン・MRLなど画像診断にも欠点があります。画像診断はじっと動かない状態で撮影しますから静止的な画像です。

 

 

本来であれば動きの中で神経の圧迫を診断されなければなりません。レントゲン・MRLでは動きを見る事が出来ません。この様な時どうしたら良いか?

 

日常的な動作を見ること

徒手検査や画像診断は、骨・関節・炎症・腫瘍などの異常を検査するには最適です。ただしこれらの検査は非日常的な要素となりますので弱点となってしまいます。これらの検査をカバーするには、生活スタイルによって痛くなった症状の特定原因を見ていく必要があります。

 

 

歩行による痛みの判別

皆さんはいつもどのような生活をされているでしょう。歩いたり・立ったり・座ったりが多いと思います。その時に症状が出ているのではないでしょうか?当院では特に歩行による痛みの判別をおこないます。

 

太もも緊張時の歩行    お尻緊張時の歩行

 

 

骨盤歪み時の歩行     体幹捻じれ時の歩行

  

 

皆さんは動きの中で生活しているはずです。普段行っている歩行の確認は坐骨神経痛の解決方法にとても必要なことです。

 

あなたに合った最適なプラン

 

たくみ接骨院では、あなたの身体と生活スタイルから原因・診断・解決手段を見つけ、坐骨神経痛症状を改善していきます。

 

  • 背骨・骨格による
  • 骨格深層筋による
  • 姿勢の崩れによる
  • 座る時くせによる
  • 歩き方くせによる

 

などの坐骨神経痛症状患者さんへ原因・診断・解決方法をご案内し良い方向へと導いて参ります。

 

坐骨神経痛と骨格の圧迫

坐骨神経痛は、日頃の生活習慣で自然と背骨・腰・股関節・膝・足などに負担をかけ続け神経の圧迫を受けてしまいます。神経の圧迫場所は背骨以外にもあります。

 

 

それは関節周りです。首・肩・腰・股関節・膝・足の関節なども、神経の通り道ですので検査が必要となるでしょう。

 

坐骨神経痛と深層筋について

坐骨神経痛は痛みが広範囲になる人と部分的になる人がいます。ただ坐骨神経痛は特有の指で押さえると痛みやシビレが強くなるところがあります。

 

 

これら特有の場所は体の奥にある筋肉や、筋膜のつながりにより症状を引き起こします。強く指で押すと痛みが走る所は的確な整体を行う上でもポイントとなる箇所です。

 

坐骨神経痛と姿勢の崩れ

病院・整形外科の主な検査はレントゲン・MRI・cTなどの画像診断です。画像診断は背骨・腰・股関節などの『微細なゆがみ』診ることができません。

 

 

坐骨神経痛でお悩みの方は、日々の生活習慣で頭~肩~腰~膝~足などの姿勢が崩れていることも多いです。姿勢分析は体を全体を客観的に細部まで確認しましょう。

 

坐骨神経痛と生活習慣について

当院は他の接骨院・病院・整形外科などの流れ作業的な問診は致しません。坐骨神経痛は日頃の何気ない生活習慣『歩き方・座り方・寝かた』でもなります。

 

 

生活環境をお聞きすることは、坐骨神経痛の再発防止・腰痛予防の点からも大切はことなので、しっかりと皆様の日頃のくせをお聞きします。

 

症例報告:坐骨神経痛

千葉市在住59歳 職業:サービス業

施術前後の歩行変化

 

坐骨神経痛の整体について

 

坐骨神経痛の原因を検査法・生活のくせ・圧痛点を見つけたら、次は坐骨神経痛の整体です。ここでは主にベーシックな整体内容をお話しさせていただきます。個々で病態で異なりますので、あくまでも基本的な整体術のお話しですご了承ください。

 

背骨の調整(整体術)

背骨は首から尾骨まで含めると全部で32個あり一つ一つが関節(仙骨・尾骨は除く)しています。この関節の動きが悪くなると、神経を圧迫したり自律神経が障害されたりします。

 

 

当院では患者様の呼吸に合わせながらゆっくりと、背骨の整体術を行います。けしてバキバキ矯正はいたしません。

 

骨盤の調整(整体術)

骨盤は腸骨(ちょうこつ)仙骨・坐骨・恥骨(ちこつ)から成ります。骨盤は恥骨を支点に後ろ側の腸骨と仙骨が振り子のように、行ったり戻ったりを繰り返して動いています。この振り子の動きが悪くなると骨盤がゆがみます。同じ姿勢で立ったり座ったりすると振り子の部分が崩れてしまいます。

 

 

関節の動きはホンの数ミリ単位と少ない場所ですがとても重要です。当院では患者様の呼吸に合わせながらゆっくりと、仙骨と腸骨の関節を整体術で整えていきます。けしてバキバキ矯正はいたしません。

 

筋肉・筋膜の調整(整体術)

坐骨神経痛の圧痛点(筋肉や筋膜の緊張や癒着)は強く押す・もみほぐすと痛みが強くなります。当院では適切な圧と方向で、筋肉や筋膜の緊張や癒着を整体術で整えていきます。けして強く押すことはいたしません。

 

 

整体後の再確認を行います

整体施術が終わりましたら再度動作の確認をいたします。施術前と施術後の確認でどの程度回復されたかご自身で実感していただくためです。ただし1回の整体で改善する方は少ないです。

 

 

そのあとは自宅で毎日行うエクササイズもご案内していきます。

 

あきらめないでください

 

いくら良い治療をしても、体を酷使したり、間違った体操をされると坐骨神経痛は改善するのに時間を要してしまいます。出来る限り貴方の生活環境・生活習慣・体に合った、整体・治療計画をご案内します。あきらめずに整体院・病院・整形外科で治らなかった坐骨神経痛を取りましょう。

 

坐骨神経痛時の座り方について

 

イスに座っていると足がしびれる人は、座り方を工夫されるとストレス無く座れます。座り方でも原因を見つける手掛かりがあります。明日の活力に活かしてください。

 

≫イスに座るとシビレが出る時の楽な座り方

 

常識的に足を組むが『悪』は間違い

 

皆さんは足を組むのが『悪』と思っていらっしゃいますか?そもそも人は何故足を組んでしまうのか?考えた方がよろしいと思います。世間一般的な常識は多々間違っていることがあります。

 

≫常識に囚われない『足を組んだ方が』坐骨神経痛にならない

 

股関節が硬い人は必見!

 

日本人なら誰でもあぐらを掛けた方が良いお話しです。西洋人と日本人の骨格の違いから、坐骨神経痛になることもあります。股関節が硬くあぐらを掛けない人は是非参考にしてください。

 

日本人はあぐらが必要、股関節が硬いと

 

坐骨神経痛と問診について

 

ご自分が坐骨神経痛と思われている場合でも、カウンセリングをすると意外な場所が悪かったりします。問診や動作の確認は、どこの場所を治療するかを判断するためにも必要なことです。痛みの経過をさかのぼることは、再発防止にもなるので参考にしてください。

 

問診から分かる坐骨神経痛の原因

 

坐骨神経痛と睡眠の質について

 

既に坐骨神経痛症状をお持ちの方は、睡眠の質を高めることが症状改善への早道です。日頃お仕事や家事で疲労が溜まれば、体幹・肋骨などが硬くなってしまいます。病院・整形外科・整体院では、睡眠の質を高めるお話しはしません。当院ではあなたに合った寝返り体操をお伝え出来ますので是非ご覧ください。

 

坐骨神経痛と寝返り体操

 

寝方で坐骨神経痛になる人

 

睡眠を取っても坐骨神経痛になる人 朝起きると体が重たい人』は、寝方が悪かったり・十分な寝返りをされていない方が多いので、寝方をほんの少しだけ変えることが必要です。当院ではあなたに合った寝方をお伝えすることが出来ます。

 

寝方によって坐骨神経痛になる人

 

坐骨神経痛とお薬について

 

坐骨神経痛で痛みやしびれを感じ、市販薬・処方箋など服用されている方も多いと思います。お薬の効果や作用をしっかり理解した上で服用されることは、副作用のリスクや免疫力の向上にもつながります。長期服用はなるべく避けてください。薬の種類と作用について詳しく解説したページがありますので参考にしていただければ幸いです。

 

 

坐骨神経痛に効果的な『塗り薬・湿布』

 

坐骨神経痛に効果的な塗り薬・湿布について。痛み・シビレによって使い分けをされたり、湿布を貼る場所によっても効果が半減してしまいます。症状によってご自分が何処の場所に貼ればいいのか、解説しております。

 

≫坐骨神経痛に効果的な塗り薬・湿布

 

坐骨神経痛6つの圧迫

 

病院・整形外科のレントゲン検査で見つからなかった坐骨神経痛の原因。その様な方は筋肉の緊張により坐骨神経を圧迫されている可能性があります。病院・整形外科では、筋肉や関節の微細な硬さやゆがみを見ることが少ないので、坐骨神経痛症状をお持ちの方は圧迫ポイントを参考にしてください。

 

坐骨神経痛6つの圧迫ポイント

 

坐骨神経痛症と歩行について

 

坐骨神経痛症状のお持ちの方は、痛くて歩けない・びっこを引いてしまうなど生活に支障をきたしている方が多いです。そのような時にご自分でストレッチをされて、返って痛みが強くなってしまってはストレッチの意味がありません。病院・整形外科・整体院でも分からなかった『あなたの痛みの原因』が、坐骨神経痛の回避歩行分かるかもしれません。

 

坐骨神経痛の回避歩行対処法

 

坐骨神経痛は正しい歩行で改善

 

坐骨神経痛をお持ちの方は、痛くて歩けない・びっこを引いてしまうので仕事や家事に支障をきたしている方が多いです。健康な人でも正しい歩行をされていないことも多いです。病院・整形外科・整体院では正しい歩行を教えてくれません。もしあなたが正しい歩行をマスターすればいつまでの健康ていられます。

 

坐骨神経痛は正しい歩行で改善

 

早く坐骨神経痛を解消したい

 

坐骨神経痛症状を早く回復させるコツは体が温める(運動・お風呂)ことです。朝方は体が冷えていますので時間が無ければシャワーで温めてください。当院は老化予防・血流改善・体の芯まで温まる、水素風呂リタライフの機械を貸出しております。

水素風呂リタライフ

 

坐骨神経痛のストレッチ

 

年齢と共に姿勢保持も悪くなり、筋力低下したり硬くなる人が多いのでストレッチは大切です。ですが無理をしてストレッチをされると坐骨神経痛・反り腰が強くなることもあります。病院・整形外科・整体院では、あなたに合ったストレッチを教えてくれません。ご自分の体に合ったストレッチが当院ではしっかりとお話し出来ます。

 

お腹の大腰筋ストレッチ方法

坐骨神経痛ストレッチ椅子編

 

坐骨神経痛に効果的なツボ

 

坐骨神経痛症状をお持ちの方、ご自宅で簡単に出来るツボをご紹介します。手の甲にあるツボは仕事中にでも行えます。それ以外は寝る前にご自分で軽く押すと坐骨神経痛症状が緩和されたりしますので試してください。

 

坐骨神経痛に効果的なツボ

 

悩みが解消されたら何をされたい

 

  • お子さん・お孫さんを抱っこしたり
  • ショッピング・お食事を楽しんだり
  • 時には一人ブラっと一人旅をしたり
  • 大好きな趣味をお友達と楽しんだり

 

生きがいを持って生活を楽しむことも!

最後に当院へ来られた方々の声をお届けします

 

坐骨神経痛で来られた方の感想

 

船橋市坐骨神経痛nさん

坐骨神経痛で整形外科に3ヶ月間通い、なかなかお尻の痛み・足のシビレが改善されませんでした。何とかしたい思い、たくみ接骨院へ伺うことになりました。私の痛みは『お尻とふともも前の筋肉が硬くなり痛みがあるとのことでした』と股関節周りを中心に改善しましょうと先生がおっしゃってくださり。とってもわかりやすく説明していただきました。2ヶ月間8回の通院し、今は立っても歩いても苦になりません。

 

八千代市坐骨神経痛Hさん

産後の骨盤が歪みお尻の痛みと足のシビレを感じ友人の紹介でたくみ接骨院へ行くことになりました。反り腰からくる歩き方と姿勢の崩れになっていました。反り腰を改善すれば、坐骨神経痛は出ないと言われ10日に1回ペースで整体を受けました。2ヶ月後骨盤の歪み・反り腰も気にならなくなり、体操も教えていただきありがとうございます。

 

習志野市坐骨神経痛sさん

私は大学病院でMRI検査の結果、腰の骨に隙間が少なく手術が必要と言われた坐骨神経痛です。手術は怖いのでたくみさんへ受けることにしました。ふとももの外側にシビレを感じ、膝裏の硬く押されるととても痛かったです。その日の施術後は歩きが楽な感じがしました。ぶり返しもあると言われ、週2回通院しました。今は犬の散歩も平気です。ありがとうございました。

 

千葉市足にシビレFさん

いつも立ち仕事でお尻にツッパリ感を感じ半年ぐらいたちます。病院では骨に異常が無く、シップと電気治療をしていました。日々どんどん足のしびれが出てきたので、たくみ院へ整体を受けに週2回1ヶ月間通院し、今は足のシビレも無く腰の柔軟性を付けるメンテナンスをしています。

 

坐骨神経痛:関連記事

 

 

坐骨神経痛Q&A

 

どのくらいの頻度で通院すればよいですか?

1回の施術で体の痛み・不調・歪み・姿勢は改善されにくいです。最善の施術計画をご提案してまいりますので、出来るだけご理解ご協力をお願い申し上げます。

 

坐骨神経痛で保険診療は可能ですか?

申し訳ございません。体の痛み・不調・歪み・姿勢などによる検査施術『姿勢分析・整体』は自費診療となります。保険診療は適応範囲がございます。

 

整体の予約は必要ですか?

当院は完全予約制です。初めての方はweb予約でご予約ください。お急ぎの方はお電話でも承ります。キャンセルは前日の営業時間までにしてください。

 

当日のご案内

当日は出来るだけご予約の10分前に、服装はラフな格好でお越しくださいませ。

 

施術はどなたがされますか?

私キムラが最初から最後まであなたの体の悩み・痛みにお付き合いします。常に患者様の目線で接してまいります。

 

最後に

最後までブログにお付き合いいただきありがとうございました。当院は他の整体院・病院・整形外科を否定したり侮辱したりしません。当院は医療関係者の方々も数多く来られています。あなた様が良くなっていただきたいと願いますし、適切な院を選んでいただければ幸いです。

 

来院される方はご確認ください

 

ブログ著者

 

からだの悩み相談

LINE@は予約や相談が可能。是非この機会にご登録を

LINEはコチラ↓↓↓

https://page.line.me/takumi-sekkotsuin

土日祝フリーパス

 

ご予約について

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は2~3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日営業日までにご返信下さいますようお願い申し上げます。

オンラインはコチラ↓↓↓

その他:施術案内

 

 

アクセス

 

電車の方

 京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  詳細はこちら

坐骨神経痛チェック【痛む場所6選】背骨以外の原因を見つける方法
  • カテゴリー: 坐骨神経痛.お尻の痛み.しびれnet

坐骨神経痛チェック【痛む場所6選】背骨以外の原因を見つける方法

千葉市幕張で坐骨神経痛の症状・足のシビレを解消へと導くたくみ接骨院のキムラです。今回は坐骨神経痛症状を解剖学視点から症状・シビレの出方を学んでいだだけましたら幸いです。

 

 

坐骨神経痛と言うなの症状

坐骨神経痛は坐骨神経に沿ったお尻・ふともも・すね・ふくらはぎに痛み・しびれ症状を感じます。

 

  • 腰の痛み・臀部の痛みやシビレ
  • 太もも・脚外側の痛みやシビレ
  • 体重をかけると足に電気が走る
  • 座ったり・立ったりすると痛い
  • 体重かけると脚に力が入らない

 


坐骨神経痛痛みの範囲

一般的坐骨神経に沿った痛み・シビレ症状は広範囲に渡るため、どこを痛めているのか判断が難しいとされています。腰~お尻~太も~ふくらはぎ~足の甲~かかと、下半身が全体的に痛み・シビレを感じる症状や、片方の脚に痛み・シビレを感じる症状もあります。

 

坐骨神経痛の感じ方も様々  

坐骨神経痛症状は人によって表現もさまざまです。”痛み”として感じる人もいれば、それ以外の表現で来院されることも多々あります。

 

  • 腰・脚にツッパりを感じる
  • 腰・脚がどくどく痛くなる
  • 腰・脚がじんじん痛くなる
  • 腰・脚がぼんやりと感じる
  • 腰・脚指先がひんやりする

 

などを訴えられます。くるぶしの一部分が冷えを感じて温めてもすぐに冷えてしまう症状なども坐骨神経痛症状であると考えられます。ではこれら多岐にわたる症状を解剖学視点で見ていきましょう。

 

坐骨神経痛で痛む場所6選

坐骨神経に沿った痛み・シビレの広範囲にわた る症状、臨床的に圧迫を受けやすい6か所を、今回は解剖学な視点から解説したいと思います。

 

坐骨神経痛で痛む場所①大腰筋

坐骨神経の出発点は、腰仙骨神経叢(ようせんこつしんけいそう)と言う、腰椎~仙骨の前からニョキニョキと黄色い線が何本も伸びているところから出発します。腰神経叢は1本の太い大腿神経束となって、大腰筋の裏横にある穴『大坐骨孔(だいざこつこう)』を通過し骨盤の外下へと通ります。坐骨神経痛第一の痛む場所はここです大腰筋は、姿勢が崩れたり・立ち仕事・デスクワークなどで緊張し、坐骨神経痛症状を引き起こす事があります。

 

 

詳しく≫大腰筋チェック・ストレッチ法

 

坐骨神経痛で痛む場所②梨状筋

大坐骨孔(だいざこつこう)を通過した坐骨神経は、梨状筋(りじょうきん)の下を通ります。坐骨神経痛の第二の痛む場所はここ。左の大殿筋の下に梨状筋がありますが、長時間デスクワーク・立ち仕事・長時間歩くと梨状筋が硬くなり、坐骨神経痛症状を引き起こす事があります。

 

 

坐骨神経痛で痛む場所③太もも

梨状筋の下を通り抜けた坐骨神経は大腿二頭筋(だいたいにとうきん)の下を通ります。坐骨神経痛の第三の痛む場所はここ。大腿二頭筋と半膜様筋(はんまくようきん)は重なり、歩く・立つ動作の疲労によって、両方の筋肉が硬くなると坐骨神経痛症状を引き起こします。

 

 

大腿二頭筋の下を通り抜けた坐骨神経は、膝裏の上辺りで脛骨神経(けいこつしんけい)と総腓骨神経(そうひこつしんけい)に分岐します。

 

坐骨神経痛で痛む場所④膝裏

膝裏の上辺りで分岐した坐骨神経は、真っ直ぐ下に伸びた脛骨神経と名称を変えます。左図の腓腹筋(ひふくきん)をはがすと膝中央に細い筋肉が見えます。この筋肉は足底筋と言い足裏まで伸びています。坐骨神経痛の第四の関門の痛む場所はここ。長時間歩く・ランニング・立ち仕事・登山・中腰姿勢が多いと、腓腹筋や足底筋などが緊張し坐骨神経痛症状を引き起こします。

 

 

 

坐骨神経痛で痛む場所⑤膝の外側

膝裏の上辺りで分岐した坐骨神経の一部は、膝外側の総腓骨神経(そうひこつしんけい)に分岐します。左図の長腓骨筋(ちょうひこつきん)をはがすと、さらにスネ外側へと神経が下ります。坐骨神経痛の第五の痛む場所はここ。よく長時間正座をすると足がしびれると思いますが、腓骨頭の裏を総腓骨神経が通るので圧迫を受けやすいです。立ち仕事・登山・ランニングが多いと、長腓骨筋・ヒラメ筋などが緊張し坐骨神経痛症状を引き起こします。

 

 

 

総腓骨神経は、ここから名称を浅腓骨神経(せんひこつしんけい)と変え、更に外くるぶしへと神経が下ります。

 

坐骨神経痛で痛む場所⑥内くるぶし

膝裏から真っ直ぐ下に伸びた脛骨神経は、内くるぶしに続きます。足首は沢山の骨が関節し合い一つ一つごとに靭帯で守られています。その一つに踵(かかと)と脛骨内果(けいこつないか)を固定する、屈筋支帯(くっきんしたい)と言う靭帯があります。坐骨神経痛の第六の痛む場所はここ。屈筋支帯は脛骨神経とそれ以外の屈筋郡全てを守っています。もし足の捻挫・歩き方の悪さ・などで足首の歪みが生じた場合、この屈筋支帯に強いストレスを与えてしまいます。

 

 

 

このような症状痛みを感じたら

当院へ来られる方で下記の症状を訴えた場合

 

  • 姿勢を変えると
  • 真直ぐにすると
  • 座って立つ時に
  • 歩き続ける時に

 

坐骨神経症状痛み・シビレで痛む場所上記6つ以外にも、腰椎・骨盤・姿勢に問題よるケースもあります。適切に治療を施してくれる院を探してください。

 

このような時は病院へ

足がブラブラと下がってしまう、肛門辺りの感覚が鈍い、大小便が出ない時、我々の許容範囲ではありませんので早急に病院へ行って下さい。

 

坐骨神経痛と当院の整体

 

坐骨神経痛症状のお持ちの方は、生活環境で症状が出る前から姿勢・体重バランスを崩されているケースが多いです。お一人お一人生活スタイルをお聞きしながら、その方に合った整体内容・施術計画を立てていきます。ご不明な点不安に思っていること、何でも気兼ねなくご相談ください。

 

施術内容はコチラ≫坐骨神経痛の施術

 

悩みが解消されたら何をされたい

 

  • お子さん・お孫さんを抱っこしたり
  • ショッピング・お食事を楽しんだり
  • 時には一人ブラっと一人旅をしたり
  • 大好きな趣味をお友達と楽しんだり

 

生きがいを持って生活を楽しむことも出来ます

 

坐骨神経痛:関連記事
来院される方はご確認ください

 

ブログ著者

 

からだの悩み相談

LINE@は予約や相談が可能。是非この機会にご登録を

LINEはコチラ↓↓↓

https://page.line.me/takumi-sekkotsuin

土日祝フリーパス

 

ご予約について

当院は完全予約制です。一人院の為施術中に電話対応できない場合がございます。ご予約は3営業日前キャンセルは前日営業日までにお願い申し上げます。

オンラインはコチラ↓↓↓

 

その他:施術案内

 

 

アクセス

 

電車の方

京成幕張駅 京葉線海浜幕張駅 総武線幕張駅

 

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

トップページ

坐骨神経痛チェック【痛む場所6選】背骨以外の原因を見つける方法

千葉市幕張たくみ接骨院

詳細はこちら

坐骨神経痛が治らない時は【歩き方・足首・膝】で改善し完治しよう
  • カテゴリー: 坐骨神経痛.お尻の痛み.しびれnet

坐骨神経痛が治らない時は【歩き方・足首・膝】で改善し完治しよう

千葉市幕張で坐骨神経痛症状を歩行から改善へと導くたくみ接骨院のキムラです。今回は坐骨神経痛症状を改善する歩行についてお話ししたいと思います。

 

 

坐骨神経痛が完治しない理由

坐骨神経痛をお持ちの方は、突発的に腰痛・足のシビレが起こりますが、それらはあくまで最終的な結果に過ぎません。当院では多くの坐骨神経痛の回避歩行(症状をかばう歩行)と症状改善・機能回復後の患者さんの歩行を経過観察してきました。

 

 

坐骨神経痛で完治しない人の特徴を見ると、歩き方が悪く症状をぶり返すことが多いです。一般的に足を着くと、腰の痛みを感じる・足のシビレが走るので、歩き方が悪いのはご理解できると思います。

 

ただ症状改善後・機能回復後の患者さんの歩き方を見ると、正しい歩き方をされている方が非常に少ないので、歩き方を変えないとぶり返し痛みが出てしまい完治しないのでとても残念です。

 

 

歩幅を広げると坐骨神経痛は悪化

インターネット・動画・雑誌・テレビなどで取り上げている、踵を付いて・歩幅を広く・腕を振る歩行。実はこの歩き方は後ろに重心がかかり、踵の角で着くことになるのでおススメしません。

 

 

また今現在坐骨神経痛の人であれば、踵の角で着く歩行はダイレクトにふくらはぎ・ふともも・膝・お尻・腰へと衝撃が走ります。

 

 

膝を少し挙げ歩くと症状が緩和

坐骨神経痛時に踵の角を着く歩行は、腰の痛みを感じ・足のシビレが走るなど、しんどくなり痛みを感じます。そこでほんの少し膝を少し挙げて歩くと、歩幅が広がらず重心が正中線上に乗ります。

 

重心が正中線上に乗ると、かかと中央~小指球~母指球の順に体重移動の歩行となり、坐骨神経痛症状『腰痛・足のシビレ』が緩和されます。

 

 

足踏み歩行と体重バランス

当院では正しい歩き方をマスターするために『肩幅で足踏みをする』ことをおススメしております。人は常に座る・立つ・歩く時、体の重さを一定の軸で保っています。

 

坐骨神経痛が治らない時は

体重のかけ方一つで全て崩れてしまいます。特に歩行時の体重バランスは指・足首・膝の動きで変わってしまいます。歩き方が悪いと感じている人は、指・足首・膝を見てください

 

歩き方で親指に負担をかける

指先から着く歩行は母指球~小指球のアーチが崩れます。昔ヒールの履き過ぎで外反母趾になると言われておりますが、最近では指先から歩くことで、母指球~小指球アーチが崩れ、坐骨神経痛を引き起こします事が分かってきております。

 

 

歩き方で足首が外側に歪む

踵を付いて・歩幅を広く・腕を振る歩行をされると、足の外側に体重の乗り過ぎてしまい、くるぶしの間隔が極端に空きます。足首が歪み・膝がo脚となり・太もも・股関節・腰などの筋肉を硬くし、神経・血管に影響を与え坐骨神経痛症状を引き起こします。

 

 

歩き方で膝が伸びなくなる

踵を付いて・歩幅を広く・腕を振る歩行をされると、ふくらはぎから太ももの筋肉が硬くなり膝が伸びなくなります。膝が伸びないと歩行時に膝を曲げて歩くことになりますので、太もも・股関節・腰などの筋肉を硬くし、神経・血管に影響を与え坐骨神経痛症状を引き起こします。

 

 

最後に!

坐骨神経痛の症状を完治するには、日々の歩行を変える事が大切です。すぐに歩行を変えるのは大変ですが、少しづつ正しい歩行をマスターしていただければいつまでも健康な体となり、楽しい生活を送ることが出来ます。しっかりとご自分に合った歩き方を指導してくれる院へ受診してください。

 

おススメの関連記事

 

 

坐骨神経痛に効果的なストレッチ

 

症状緩和するツボ

 

坐骨神経痛に効果的なツボ

 

坐骨神経痛と整体について

 

坐骨神経痛症状のお持ちの方は、生活環境で症状が出る前から姿勢・体重バランスを崩されているケースが多いです。お一人お一人生活スタイルをお聞きしながら、その方に合った整体・施術計画を立てていきます。ご不明な点不安に思っていること、何でも気兼ねなくご相談ください。

 

施術内容はコチラ≫坐骨神経痛の施術

 

悩みが解消されたら何がしたい?

 

  • お子さん・お孫さんを抱っこしたり
  • ショッピング・お食事を楽しんだり
  • 時には一人ブラっと一人旅をしたり
  • 大好きな趣味をお友達と楽しんだり

 

生きがいを持って生活を楽しむことも出来ます

 

坐骨神経痛で気になる記事

 

 

ブログ著者

 

からだの悩み相談

LINE@は予約や相談が可能。是非この機会にご登録を

LINEはコチラ↓↓↓

https://page.line.me/takumi-sekkotsuin

土日祝フリーパス

 

ご予約はコチラまで

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は2~3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日営業日までにご返信下さいますようお願い申し上げます。

ネット予約はコチラ↓↓↓

 

その他:施術案内

 

 

たくみ接骨院アクセス

 

電車の方

 京成幕張駅 京葉線海浜幕張駅 総武線幕張駅 

 

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

トップページ

坐骨神経痛が治らない時は【歩き方・足首・膝】で改善し完治しよう

千葉市たくみ接骨院

詳細はこちら

坐骨神経痛時で睡眠の質を高める寝返り体操について
  • カテゴリー: 坐骨神経痛.お尻の痛み.しびれnet

坐骨神経痛睡眠の質を高める寝返り体操|千葉市幕張たくみ接骨院

千葉市幕張にある坐骨神経痛でお尻・足のシビレでお悩みの人々を、寝返り動作から症状改善へと導くたくみ接骨院のキムラです。今回は坐骨神経痛になりやすい人は、睡眠の質を高める寝返り体操についてお話ししたいと思います。

 

 

突発的に起こる坐骨神経痛

 

坐骨神経痛症状で当院へ来られる方の話をお聞きすると、日々皆さん仕事や家事で何かしらの不調『腰に違和感を感じたり・足がツッタリ』と!感じていらっしゃいます。

 

 

皆さん体に感じる違和感をそのまま放置され、結果的に突発の坐骨神経痛になることが多いようです。

 

 

そこで今回は健康的なお体の人・既に坐骨神経痛症状をお持ちの人、普段の何気ない寝返りで気を付けていただきたいポイントを幾つか解説していきたいと思います。

 

睡眠時間と坐骨神経痛について

 

坐骨神経痛症状で当院へ来られた方々の話をお聞きすると平均5~6時間位は取っていらっしゃいます。睡眠は取っているにも関わらず、何だか朝起きた時に『体がだるい・重たい』など感じていらっしゃる方が多いようです。

 

 

なぜ睡眠を取っているのに坐骨神経痛になってしまうのか?詳しくお聞きすると睡眠の質が影響していることが分かります。

 

 


睡眠時間と睡眠の質について


さらに坐骨神経痛症状で来られた方々へ睡眠時の寝かたをお聞きすると、多くの人は寝返りを全く打たない・ほとんど寝返りを打たない人たちが多かったのです。

 

 

睡眠時間を十分取っているにも関わらず何だか朝起きた時に『体がだるい・重たい』など感じるのは、寝ている時の体勢で筋肉が硬くなっているからです。

 

 

睡眠の質を上げるには寝返りを打つことが大切なのです。

 

 

寝返りは体に良い影響を与える

 

坐骨神経痛になりやすい人・既に坐骨神経痛症状をお持ちの人、今後は睡眠の質を変える事をおススメします。寝ている時人は無意識に寝返りをすることで筋肉や関節の緊張をほぐしています。そればかりか、首こり・偏頭痛・肩こり・いびき・呼吸改善・腰痛・内臓脂肪などにも良い影響を与えます。

 

寝返りと首こり・偏頭痛

寝返りを打つと、背骨の脇にある起立筋(きりつきん)の動きが改善されます。起立筋は後頭部~仙骨に伸びる筋肉です。寝返り動作で起立筋の緊張は解け、首コリ・偏頭痛・腰痛も改善されることがあります。

 

 

寝返りと肩こり・いびき・呼吸

寝返りを打つと、肋骨の付く(小胸筋・前鋸筋・菱形筋・外肋間筋)の動きが改善れます。これらの筋肉は呼吸の補助をする筋肉でもあります。寝返り動作でこれらの筋肉の緊張は解けば、肩こり・いびき・呼吸改善されることもあります。

 

 

寝返りと姿勢・腰痛・内臓脂肪

寝返りを打つと、肋骨~骨盤に付く(外腹斜筋・腹直筋・腹横筋・内腹筋)の動きが改善れます。これらの筋肉は体を支える筋肉でもあります。寝返り動作でこれらの筋肉の緊張は解けば、姿勢腰痛・内臓脂肪も改善されることがあります。

 

 

 

寝返りをしている見分けかた

寝返りは無意識な動作で本人は気づきにくい物。家族に聞いてみる・カメラで撮影すれば寝返り動作の確認は可能です。もし分からなのであれば2つだけ見て下さい。

 

  • 掛け布団がどこかに飛んでいる
  • 敷布団・シーツがぐちゃぐちゃ

 

睡眠の質(寝返りをする)を変えることから始めれば、朝起きた時に『体がだるい・重たい』と感じる健康な人でも、既に坐骨神経痛症状をお持ちの方でも十二分に改善せれていきます。

 

坐骨神経痛に効果的な寝返り体操

 

それでは坐骨神経痛に効果的な寝返り体操をご案内します。この体操で痛みが強くなる人はゆっくりと焦らずに行いましょう。徐々に痛みも少なくなってきますで!

 


寝返り体操①呼吸を整えよう


坐骨神経痛になりやすい人・既に坐骨神経痛症状をお持ちの人は、就寝前に呼吸を整えてから上半身の体操を軽くしてください。呼吸を整えるポイントは胸式呼吸です。

 

吸うときのポイント

胸に手を当て息を吸うと肋骨が持ち上がります。その時は顎を引いてください。十分に肺が膨らんだら、

 

 

吐く時のポイント

息を吐きながら頭を上に向けてください。首スジから鎖骨・肋骨辺りにツッパリ感があればokです。

 

 


寝返り体操②骨盤回り


既に坐骨神経痛症状をお持ちの人は、出来るところまでで構いません。

 

膝を抱える時のポイント

仰向けに寝て、息を吐きながらゆっくりと両膝を抱えましょう。この時は出来るだけ頭を挙げないでください。30秒行ったら膝を降ろしてください

 

 

仰向け体幹体操

次に体幹の捻じれ体操です。足の裏は床に着けゆっくりと息を吐きながら両膝を左右どちらか15秒くらい倒してください。その時に背中・腰・お尻にツッパリ感があればokです。両膝を戻す時は息を吸いましょう。勢いよくやらないでください

 

 


寝返り体操③体幹肋骨回り


坐骨神経痛になりやすい人・既に坐骨神経痛症状をお持ちの人は体幹と肋骨が異常に緊張しています。そのような時に有効的な体幹肋骨体操です。

 

体幹周りの体操ポイント

まず①手の平を合わせ②両肘を伸ばし③横向になり④ゆっくり息を吐きながら指先を見て

 

⑤体を捻ってください。背中・腰・お腹・肋骨辺りにツッパリ感があればokです。*両膝は出来るだけ曲げて行ってください。

 

最後に寝返りを打たない人へ

十分な睡眠時間でも寝返りが無意識におこなえないと、上半身の筋肉が使われなくなり筋肉が縮こまり色々な症状を引き起こします。日頃の仕事や家事の疲労で体幹と肋骨が異常に緊張していきます。既に坐骨神経痛・腰痛・お尻の痛みがある人は、適切にアドバイスする専門家の下でストレッチをしてください。

 

 

当院の整体について

 

坐骨神経痛症状のお持ちの方は、生活環境で症状が出る前から姿勢・体重バランスを崩されているケースが多いです。お一人お一人生活スタイルをお聞きしながら、その方に合った整体内容・施術計画を立てていきます。ご不明な点不安に思っていること、何でも気兼ねなくご相談ください。

 

詳しくは≫坐骨神経痛の施術

 
寝返り以外のストレッチ方法

 

 

この記事を読んだ方はこちらも

 

 

坐骨神経痛のツボ

 

坐骨神経痛に効果的なツボ

 

それ以外に気になる記事

 

 

悩みが解消されたら何をされたい

 

  • お子さん・お孫さんを抱っこしたり
  • ショッピング・お食事を楽しんだり
  • 時には一人ブラっと一人旅をしたり
  • 大好きな趣味をお友達と楽しんだり

 

生きがいを持って生活を楽しむことも出来ます

ブログ著者

 

からだの悩み相談

LINE@は予約や相談が可能。是非この機会にご登録を

LINEはコチラ↓↓↓

https://page.line.me/takumi-sekkotsuin

土日祝フリーパス

 

ご予約はこちらまで

当院は完全予約制です。一人院の為施術中に電話対応できない場合がございます。ご予約は3営業日前キャンセルは前日営業日までにお願い申し上げます。

オンラインはコチラ↓↓↓

その他:施術案内

 

 

アクセス

 

電車の方

京成幕張駅 京葉線海浜幕張駅 総武線幕張駅

 

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

トップページ

坐骨神経痛睡眠の質を高める寝返り体操|千葉市幕張たくみ接骨院

詳細はこちら

PAGE TOP