ブログ | 習志野市内の3D姿勢分析、肩こり整体、腰痛整体、姿勢矯正なら整体きむら家へ


  ブログ

整体きむら家 >> ブログ >> 椎間板ヘルニア腹圧から症状を改善する

ブログ

椎間板ヘルニア腹圧から症状を改善する

 

なぜ椎間板ヘルニアになる?

そもそもなぜ椎間板ヘルニアの辛い腰痛やしびれ症状が出るのか?当院では椎間板ヘルニアになる根根的な原因として姿勢の悪化であると考えております。そのなかでもお腹の力が弱くなった方々を、多数改善さてれおりますので参考にしていただければ幸いです。

 

 

年齢生活スタイルで湾曲の減少

一般的に8〜25歳位までの脊柱は、頭から骨盤まで綺麗なs字湾曲をしております。背骨の湾曲は頭を支える・体のバランスを保つ・内臓を守る・などでうまく人が生活しやすい構造をしております。

 

 

しかしs字湾曲は25歳を境に生活環境や運動不足などで徐々に湾曲が失われ、結果として椎間板ヘルニア・辛い腰痛やしびれ症状が出る事があります。

 

姿勢悪化で様々な体のトラブル

加齢による変形、歳で背中が丸くなった人、全ての人がヘルニアになるとは限りません。しかし姿勢の悪化は、持続的な筋肉の緊張関節のひずみ血液・リンパの循環不全・絞扼性(こうやくせい)神経障害を生じる恐れがあります。もちろん椎間板ヘルニアの辛い腰痛やしびれ症状が出ている方も、姿勢は悪いより良い方が体に負担を掛けずに済みます。

 

 

腹圧と姿勢保持について

お腹の圧(筋力)と姿勢保持はとても大切で、姿勢を保持する筋肉は体の前と後にあります。姿勢が悪くなると、背中や腰と言った後ろの筋肉が常に働き疲れてしまい、上手く体幹の筋肉が使われなくなり、椎間板ヘルニアの辛い腰痛やしびれ症状が出てしまいます。

 

体幹の筋肉を動かさないと

特に体の前面の筋肉の退化は椎間板ヘルニアに影響を与えます。筋肉は元々縮む性質がありますので、姿勢の悪化で狭くなった椎間板の間の髄核は後ろに飛び出てしまう事もあります。ですのでしっかりとお腹の圧を保つことが大切です。

 

腹筋をすればいいの?

お腹の圧を一定に保つには、腹筋をすればよいのか?答えは半分正解です。腹筋は主に前面の腹直筋(肋骨から恥骨辺り)に働きかけます。一定に体を保つには、お腹の側面の腹横筋(肋骨〜骨盤側壁)と、骨盤内にある腸腰筋(腰椎〜骨盤内)を一定に保つことがポイントになります。

 

 

椎間板ヘルニアや姿勢の悪化はこれらの筋肉の緊張や縮みによってもたらされていきます。腹直筋・腹横筋・腸腰筋を縮み過ぎず・伸び過ぎずに回復されれば椎間板ヘルニアは早く改善されるのではないでしょうか。

 

重心バランスとヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアになる人は、痛みを回避するようにヘルニア側とは逆側の下肢に体重がかかる傾向にあります。片方に重心がかかれば筋肉に負担をかけ続けます。片方重心の継続的なストレスは、更なる姿勢の崩れと重心バランスを崩す結果となります。

 

 

当院ではしっかり2つの体重計で左右どちら側に重心が乗っているのかを確認致します。 体全体のバランスを見ることは椎間板ヘルニアを改善させる上でとても大切な作業です。一度ご自分の体重差を確認してください。

 

歩き方が崩れやすくなる

腰椎ヘルニアで痛み・しびれが強く出ている時、炎症が出ている時は『無意識に痛みを回避する歩き方になる傾向』があります。体の防御反応で反射的に体が傾きますので、歩き方も健康な時と異なっていきます。しっかりと歩く確認もお忘れなく

 

 

押したり揉んだりしない事

いつも腰が痛くて指で押して確認されていないでしょうか?その痛みは体が教えてくれた大切なメッセージです。体が押してはしけないと教えてくれてます。 強く押す・揉む・叩く行為は止めましょう。何故かと言うと回復を妨げ、痛みを強く誘発してしまうからです。

 

 

適切なヘルニア施術を探して下さい

腰椎ヘルニアでは適切な刺激が大切です。刺激が強すぎると痛みが強く出て、刺激が弱すぎても効果はあまり期待できません。ヘルニア時、整体やカイロプラクティックなどで腰骨や骨盤の関節を鳴らす行為は事故になる恐れもあります慎重に院を選びましょう。

 

優先順位を高くしましょう 

一番大切なことですが、できるだけご自分の生活スタイルを治すことに専念してください。 どんな良い治療を受けても、治療の優先順位が低くてはいつまでたっても痛みは引きません。

 

 

治療の優先順位が高ければ、腰椎椎間板ヘルニアは早く回復します。あなたが『治すんだ』と信念をもって行動すれば、今までの悩みは早く解消されます

 

最後に!

いつまでも悩んでいても症状は変わりません!適切な治療をすればヘルニアは回復します。最後までブログにお付き合いいただきありがとうございました。あなた様が良くなることを心よりお祈り申し上げます。

 

椎間板ヘルニアの方はコチラも

 

椎間板ヘルニア手術が必要なケース

 

椎間板ヘルニアで来られた方の声

 

千葉市Mさん椎間板ヘルニア

半年前から腰痛に悩まされておりました。病院で椎間板ヘルニアと診断され、リハビリやらけん引治療をしておりました。通い始めて4ヶ月後にヘルニア手術が必要とお医者さんに言われ悩んでいました。『ヘルニア手術しない方法』を調べたら、こちらの院へたどり着きました。それから週1回整体と自宅でヘルニア改善エクササイズ方法を行い、今では長時間座っても腰の痛みはありません。ありがとうございます!

 

 

船橋市kさん椎間板ヘルニア

私はこの道30年近く漁師をしております。慢性腰痛は頻繁になっていましたが、お尻にしびれが出たので船橋にある整形外科へ行きました。その時に腰骨の間が狭くなっていて椎間板ヘルニアと診断。すぐに復帰したいので手術を受けましたが、術後2ヶ月経ってもお尻のしびれは改善されませんでした。『お尻のシビレ改善』でこちらの院へ、お腹溝内辺りを押されてものすごく痛かったのを今でも忘れません、お腹を改善する整体を受け始め1ヶ月間週4回通いお尻のしびれが改善されました。

 

椎間板ヘルニアQ&A

 

どのくらいの頻度で通院すればよいですか?

1回の施術で体の痛み・不調・歪み・姿勢は改善されにくいです。最善の施術計画をご提案してまいりますので、出来るだけご理解ご協力をお願い申し上げます。

 

椎間板ヘルニアで保険診療は可能ですか?

申し訳ございません。体の痛み・不調・歪み・姿勢などによる検査施術『姿勢分析・整体』は自費診療となります。保険診療は適応範囲がございます。

 

整体の予約は必要ですか?

当院は完全予約制です。初めての方はweb予約でご予約ください。お急ぎの方はお電話でも承ります。キャンセルは前日の営業時間までにしてください。

 

当日のご案内

当日はご予約の10分前に、服装はラフな格好で出来るだけお越しください。

 

施術はどなたがされますか?

私キムラが最初から最後まであなたの体の悩み・痛みにお付き合いします。常に患者様の目線で接してまいります。

 

トップページ