ブログ | 千葉県習志野市の姿勢矯正・骨盤矯正なら整体きむら家へ!四十肩・腰痛などの慢性的な痛みや背骨由来の自律神経痛を整えます


  ブログ

整体きむら家 >> ブログ

院長ブログ


筋力低下による椎間板ヘルニア

 


筋力低下による椎間板ヘルニア


そもそもなぜ椎間板ヘルニアの辛い腰痛やしびれ症状が出るのか?原因としては姿勢の崩れがあげられます。なかでもお腹の力が弱くなった方々を、多数改善さてれおりますので参考にしていただければ幸いです。

 

 

筋力の低下で猫背姿勢

一般的に8〜25歳位までの脊柱は、頭から骨盤まで綺麗なs字湾曲をしております。背骨の湾曲は頭を支える・体のバランスを保つ・内臓を守る・などでうまく人が生活しやすい構造をしております。

 

 

しかしs字湾曲は25歳を境に生活環境や運動不足などで徐々に湾曲が失われ、結果として椎間板ヘルニア・辛い腰痛やしびれ症状が出る事があります。


筋力低下による体のトラブル


加齢による変形、歳で背中が丸くなった人、全ての人がヘルニアになるとは限りません。しかし姿勢の悪化により持続的に

 

  • ★すぐに疲れてしまう
  • ★お肌の艶がなくなる
  • ★足指先が冷えやすい
  • ★ふくらはぎがむくむ

 

などを生じてきます。もちろん椎間板ヘルニアの様な辛い痛みやしびれ症状が出ている方は、一時的に痛みを回避し姿勢が悪くなりますが。

 

お腹の筋肉を上手に使う

お腹の圧(筋力)と姿勢保持はとても大切で、姿勢を保持する筋肉は体の前と後にあります。姿勢が悪くなると、背中や腰と言った後ろの筋肉が常に働き疲れてしまい、上手く体幹の筋肉が使われなくなり、椎間板ヘルニアの辛い腰痛やしびれ症状が出てしまいます。

 

適度に筋肉をほぐしてあげる

特にお腹の深部の筋肉の退化は椎間板ヘルニアに影響を与えます。筋肉は元々縮む性質がありますので、姿勢の悪化で狭くなった椎間板の間の髄核は後ろに飛び出てしまう事もあります。ですのでしっかりとお腹の筋肉をほぐすことも大切です。

 

腹筋をすればいいの?

姿勢が悪いのだから腹筋をすればよいのか?答えは☓です。腹筋は主に健康な時に行うものです。腰に痛みがある時はやめてください。

詳細はこちら

椎間板ヘルニアになってしまった人の特徴

椎間板ヘルニアになった人!


 

①体重の掛け方が変わる

腰椎椎間板ヘルニアになる人は、痛みを回避するようにヘルニア側とは逆側の下肢に体重がかかる傾向にあります。片方に重心がかかれば筋肉に負担をかけ続けます。片方重心の継続的なストレスは、更なる姿勢の崩れと重心バランスを崩す結果となります。

 

個人差はありますが、平均2~3㎏位体重差を確認します。

 

②常に痛みを回避する歩行

腰椎ヘルニアで痛み・しびれが強く出ている時、炎症が出ている時は『無意識に痛みを回避する歩き方になる傾向』があります。体の防御反応で反射的に体が傾きますので、歩き方も健康な時と異なっていきます。しっかりと歩く確認もお忘れなく

 

③押したり揉んだりしする

いつも腰が痛くて指で押して確認されていないでしょうか?その痛みは体が教えてくれた大切なメッセージです。体が押してはしけないと教えてくれてます。 強く押す・揉む・叩く行為は止めましょう。何故かと言うと回復を妨げ、痛みを強く誘発してしまうからです。

 


適切な施術でイキイキに


できるだけご自分のお体に合った施術をお探しください。 どんな良い治療を受けても、1~2回の治療で通院を止めてしまっては、いつまでたっても痛みは引きません。

 

治療の優先順位が高ければ、腰椎椎間板ヘルニアは早く回復します。あなたが『治すんだ』と信念をもって行動すれば、今までの悩みは早く解消されます

詳細はこちら

椎間板ヘルニアでお困りだった方々の声

 

椎間板ヘルニアで来られた方の声

 

千葉市Mさん椎間板ヘルニア

半年前から腰痛に悩まされておりました。病院で椎間板ヘルニアと診断され、リハビリやらけん引治療をしておりました。通い始めて4ヶ月後にヘルニア手術が必要とお医者さんに言われ悩んでいました。『ヘルニア手術しない方法』を調べたら、こちらの院へたどり着きました。それから週1回整体と自宅でヘルニア改善エクササイズ方法を行い、今では長時間座っても腰の痛みはありません。ありがとうございます!

 

 

船橋市kさん椎間板ヘルニア

私はこの道30年近く漁師をしております。慢性腰痛は頻繁になっていましたが、お尻にしびれが出たので船橋にある整形外科へ行きました。その時に腰骨の間が狭くなっていて椎間板ヘルニアと診断。すぐに復帰したいので手術を受けましたが、術後2ヶ月経ってもお尻のしびれは改善されませんでした。『お尻のシビレ改善』でこちらの院へ、お腹溝内辺りを押されてものすごく痛かったのを今でも忘れません、お腹を改善する整体を受け始め1ヶ月間週4回通いお尻のしびれが改善されました。

詳細はこちら

膝痛・変形性膝関節症|整体きむら家の施術内容

 


膝関節改善プログラム


 

問診カウンセリング

体の使い方・歩き方・座り方など

 

姿勢検査・膝のゆがみをチェック

姿勢、膝のゆがみ、筋肉の硬さをチェック

 

膝の痛み・膝伸ばし施術

体の軸ゆがみ、筋肉の柔軟性をつける施術

 

足首・かかとの調整

足首や踵が内側に捻じれが出てしまい、足首が伸ばせない状態になっています。その辺りを正しい位置に戻すと『アラまぁ〜』歩きが楽になった!

 

ひざの調整

膝が曲がらない人は、ひざ裏の筋肉が緊張してo脚外側に捻じれます。そのまま放置していると足の外側に重心がかかり悪い影響を与えてしまいます。

 

 

背骨・腰・骨盤の調整

膝が曲がらない人は、猫背・骨盤が後ろ傾斜していきます。それらの状態を無意識で背中や首で補うため体全体が崩れます。しっかりと姿勢分析で見てまいります。

 

4施術後再度動作チェック

施術前と施術後の動作をチェック

 

5、エクササイズ・生活注意点

詳細はこちら

こんな時の膝の痛み対処法について

 

膝関節に問題がある時

膝の腫れや熱感がある時、お皿周りがブヨブヨして膝に力が入らない時は膝に炎症があります。炎症がある時は冷やすと良いです。また正座やしゃがむと膝が痛い曲がらない時は変形もある可能性があります。適切な医療機関へ受診するか、当院へ受診しましょう。

 

背骨・腰に問題がある時

反り腰・猫背などで腰や背骨が重い・だるい・痛い、体位前屈が出来ない・あぐらがかけない・体が捻れないなどで膝に力が入らない時は、背骨に問題がある可能性があります。背骨の柔軟体操をするか、カイロプラクティックや当院の整体など受けてみましょう。

 

そけい部に問題がある時

足のしびれ・冷え・むくみ・親指足首に力が入らない・足の付け根に違和感があり力が入らない時は、鼠径部や股関節が硬くなっている可能性があります。鼠径部や股関節を柔らかくする柔軟を行ってください。適切な処置をする医療機関又は当院へ受診しましょう。

 

筋肉低下がある時

手術の術後の筋力低下・寝たきり・車いす生活で、親指・すね・ふくらはぎ・太もも・腰回りが弱って膝に力が入らない時は、体幹や下半身の筋力トレーニングをしっかりおこなう医療機関又は当院へ受診しましょう。

 

こんな時はすぐに病院へ

足の甲を指で押すとへこむ時、血管・リンパ管などが圧迫している可能性があります。足がしびれる・足が冷たいなど感覚が無い時・足首が反れない時は神経麻痺を起こしている可能性もあります。病院でレントゲン・MRI・CT検査を受けてください。

 

詳細はこちら