ブログ | 習志野市内の3D姿勢分析、肩こり整体、腰痛整体、姿勢矯正なら整体きむら家へ


  ブログ

整体きむら家 >> ブログ >> 肋間神経痛|病気による痛みと体の歪みによる痛みについて

ブログ

肋間神経痛|病気による痛みと体の歪みによる痛みについて

病気による痛みと体の歪みによる痛みについて|千葉県習志野市の整体院


病気と歪みの肋間神経痛


 

今回は病気による肋間神経痛と、体の歪みによる肋間神経痛について解説します。まずは肋間神経について軽く見ていきます。

 

肋間神経は2つ有る

肋間神経痛は名前の通り肋骨の間を通る神経に沿っての痛みです。神経は背骨から出ている、感覚神経(知覚と温度覚など)と運動神経(呼吸筋と骨格筋)に分かれます。

 

 

黄色い部分が肋間神経

 

この2つの神経は背骨から2つに枝分かれして、肋骨を包みながら走行しております。神経痛として主に痛みとシビレの症状を訴えます。

 

肋間神経痛の症状

  • 肋骨がジリジリと感じる
  • 体を捻る・しゃがむと痛む
  • 咳・くしゃみをすると痛む
  • 衣類の脱着時に痛む
  •  

初期の肋間神経痛は知覚が鈍磨・シビレや皮膚に膜を被せた感じです。次第に寝返りすると体に痛みを伴ったり、咳・くしゃみでも痛みが増すため、じっと安静にされる方が多いです。ではなぜ?痛みを伴ってしまうのか解説します。

 

肋間神経痛の原因

 

肋間神経痛の原因に関係する疾患としては、内因的な疾患と外因的な疾患に分かれます。

 


内因的な疾患


 

我々の治療範囲ではありませんが、体の中に病気がある場合の肋間神経痛について触れます。

 

  • 狭心症・心筋梗塞
  • 糖尿病によるもの
  • 帯状疱疹によるもの
  • 肺炎・癌・腫瘍

 

狭心症・心筋梗塞

心臓の血管が詰まったり、心臓の弁がうまく機能しなくなると、肋骨・胸辺りに関連痛として出たりします。心臓による痛みの場合、めまい・手足のむくみ・左肩・みぞおち・歯・後頭部・背中と関連した痛みを伴います。これら複合的な症状がある場合すぐに病院へ行きましょう。

 

 

糖尿病

糖尿病性の疾患は全身の神経痛を伴うことが多く、めまい手足のしびれなどを伴います。肋骨だけ痛むのは稀ですが神経痛として出ることもあります。

基本血糖値が高いと痛み・シビレが強く出やすいです。お薬や食事療法で血糖値をコントロールすれば痛みも和らぐこともあります。

 

帯状疱疹(たいじょうほうしん)

帯状疱疹は体の疲労・体調が悪く免疫力が低下していると、元々体内にあるヘルペスウイルスが悪さを働かせ、肋骨・背中に発疹が出き肋間神経に沿って痛みを伴います。

体に発疹がありましたらすぐ病院の抗生物質で回復されますが、時間が経つと治りにくくなり発疹あとが残りますので早めに病院へ受診しましょう。

 

肺炎・ガン・腫瘍な

肺炎・ガン・腫瘍などで肺を直接圧迫され息切れ・呼吸困難になります。状況によって肋間神経も圧迫されて痛みを引き起こすこともあります。

長年現場にいると稀に病院嫌いな方でこれらの方が来られます。我々は検査・問診などで違和感を感じた方は病院へ紹介します。

 


体の歪み・筋肉が硬くなって


 

ここからは我々の専門分野です。まずは病院の検査を受けて原因が無かった場合となりますので、ご了承ください。

 

  • 背骨の歪みによる痛み
  • 肋骨の歪みによる痛み
  • 筋肉の緊張により痛み

 

背骨の歪みによる神経痛

背骨の歪みによる肋間神経痛は、姿勢の崩れによって痛みや違和感を感じます。背骨から出る神経が圧迫し動かすと痛かったりします。

 

 

じっとしていて『ズキズキ』と鈍痛を感じる時は感覚神経も圧迫されている恐れがあります。早く手当が必要となります。

 

肋骨の歪みによる痛み

肋骨は元々柔らかい骨でとても歪みやすいです。一方向に横向きで寝る癖があると肋骨は縮んでいきます。健康であれば痛みを感じませんが、徐々に肋骨の歪みが強くなると肋間神経痛となります。

 

 

 

初期の感覚が鈍く感じましたら、寝返りや体を捻る体操を体の温まって毎日5分でもいいので行いましょう。

 

筋肉の緊張による痛み

普段の何気ない生活習慣で私たちの体は硬くなっていきます。筋肉は何層にも覆われ、その中に血管・神経があります。一か所が硬くなればその周辺の筋肉も硬くなり、次第に血液の流れが滞り回復する栄養分も行き渡らなくなります。

 

痛みを取るのが最優先ですが、同じ生活をされていれば再発する恐れもありますので、しっかりと柔軟性を付けることをオススメします。

 

 


病院の肋間神経痛治療


 

病院で肋間神経痛の治療をされる場合、痛み止め・消炎鎮痛剤・局所麻酔・神経ブロック注射など行います。検査によって急をようする病気が見つかるケースもあります。一度精密検査を受けて下さい

 


当院の肋間神経痛治療


 

特に急をようする病気で無ければ肋間神経痛は改善されます。当院では姿勢の崩れから肋間神経痛の方々を救って参りました。体の傾きによって肋骨は歪みます。

 

体の歪みが改善され痛みが消えた

背骨のゆがみ 肋間神経は背骨がゆがむと痛みを強くします。感覚神経と運動神経共に背骨から出ていますので、整体で背骨を整えることで痛みを軽くなります。 肋骨のゆがみ 肋骨のゆがみは寝かたが悪い・背骨がゆがみなどで、肋間神経を圧迫し症状が出ます、姿勢が悪くなると肋骨も狭くなり肋間神経痛になりやすくなります。

 

最後に!

痛みが長引くようなら決して自己判断をせずに、まず病院で検査しましょう。何も原因が無ければ、姿勢や背骨のゆがみがあると思いますのでご相談下さい。最後までブログにお付き合いいただきありがとうございました。あなた様が良くなることを心よりお祈り申し上ます。

 

当院の施術はこちら≫肋骨矯正

 

肋骨関連記事

 

あばら骨にひびが入る?

 

サイトマップ

 

≫院長・院紹介 ≫初めての方 料金案内 

≫当院の整体 ≫アクセス ≫姿勢分析

病気による痛みと体の歪みによる痛みについて|千葉県習志野市の整体院