ブログ | 習志野市内の3D姿勢分析、肩こり整体、腰痛整体、姿勢矯正なら整体きむら家へ


  ブログ

整体きむら家 >> ブログ >> 腰の椎間板ヘルニアで早期手術が必要な【急性馬尾症候群】について

ブログ

腰の椎間板ヘルニアで早期手術が必要な【急性馬尾症候群】について

 

 

椎間板ヘルニア手術は必要なのか?    

他の医療機関で椎間板ヘルニアと診断され、手術を避けたい方が当院へご来院くださいます。出来れば皆さんヘルニア手術をしたく無いと思いますし、私も術後の皮膚・筋膜の癒着をお持ちの患者さんを診ると最終手段として選択して欲しいと感じております。

 

ですが時には早急に手術が必要なケースもあります。それは急性の馬尾症候群(ばびしょうこうぐん)です。

 


椎間板ヘルニアで手術が必要なケース


 

馬尾症候群について

一般的に椎間板ヘルニアは背骨の椎間板が出てしまい神経を圧迫します。

 

一方馬尾症候群は、脊髄の末端にある馬尾(ばび)という神経束が何らかの形で圧迫されて発症する病気です。

 

この馬尾症候群は椎間板ヘルニアや他の疾患に含まれます。

 

馬尾症候群の疾患

 

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊髄脊椎の腫瘍
  • 脊髄硬膜外血腫
  • 細菌ウイルス感染
  • 外傷による損傷

 

馬尾症候群の症状

一般的に椎間板ヘルニアであれば片足にしびれが起こりやすいです。それに対し馬尾症候群は両足にシビレ症状が出るのが特徴です。 馬尾神経の主な症状としては

 

  • 両足のしびれや痛み
  • 恥骨仙骨の異常感覚
  • 休み休み細々と歩く
  • 排尿・排便などの障害

 

急に尿・便が出ない時は

脊髄神経並びに馬尾神経を強く圧迫されると、尿や便が出なくなったり排便排尿が障害されます。24時間以内に何らかの処置をしないでいると、膀胱破裂や腸閉塞などに進行する可能性があり手術が必要となります。

 

足が上に動かなくなった時は

急に足が反り返らない、足がだらんとした状態を下垂足(かすいそく)と言います。脳にダメージが出ている時・脊髄神経や馬尾神経の圧迫を受けている時・膝の外側の神経を圧迫している時などで下垂足となります。歩行障害で杖を付いたり車いす生活になりますので手術をされた方が良いケースです。

 

最後に!

患者様にとって一番良い選択を考えるならば、まずは保存的な治療をお勧めします。痛いからすぐに手術を選択し、結果が良好であればよいのですが、手術後半年後や一年足らずで当院へ来られる方がみられるのも現状です。数%の人は手術が必要ですし手術を否定している訳ではありません。最後までブログにお付き合いいただきありがとうございました。あなた様が良くなることを心よりお祈り申し上げます。

 

椎間板ヘルニアの人はコチラも

 

椎間板ヘルニアはお腹から改善する

 

トップページ