ブログ | 習志野市内の3D姿勢分析、肩こり整体、腰痛整体、姿勢矯正なら整体きむら家へ


  ブログ

整体きむら家 >> ブログ >> オスグッド病になりやすいスポーツは何?

ブログ

オスグッド病になりやすいスポーツは何?

 

『オスグッド病』の症状や特徴

スポーツで繰り返し使いすぎることによって生じるスポーツ障害には、オスグッド病やシンスプリントがあります。なかでも『オスグット病』は、運動をしている小・中学生(10〜15歳)に非常に多い膝の疾患です。

 

 

特徴1【膝を動かすと痛い】

『オスグッド病』は膝の曲げ伸ばし正座やしゃがむと、膝の前面お皿の下部分に痛みが伴います。

 

 

特徴2【お皿の下が痛い】

『オスグッド病』は膝蓋骨(しつがいこつ)下2〜3cmの脛骨粗面(けいこつそめん)に熱感、圧痛、腫脹などがある

 

 

特徴3【骨成長が著しい時が痛い】

『オスグッド病』は骨の成長が著しい10〜15歳の『ジャンプや足りこみ』などをされる小・中学生に多いです。

 

 

特徴4【患部の膨らみが残る】

骨の成長が落ち着きしっかりとした筋力が出来上がる高校生位になると痛みを感じなくなりますが、患部の膨らみはそのまま残ります。

 

オスグット病【症状・特徴のまとめ】

『オスグッド病』は膝下の脛骨粗面(けいこつそめん)

  • ・膝の下が熱感、圧痛、腫脹などがある
  • ・正座・しゃがむ・走る時に痛みがある
  • ・骨の成長が著しい10〜15歳に多い
  • ・骨成長が落ち着き痛みを感じなくなる

 

オスグッド病になるスポーツは?

『オスグッド病』になりやすいスポーツがあるのをご存じですか?お子さんが部活動やクラブ活動でなりやすいものが幾つかありますのでご紹介いたします。

 

スポーツ【左右に切り返す動作】

バスケット・サッカー・テニスなどの『ドリブル』相手を避けて走る、ボールを取りに左右切り返す動作を反復するスポーツをされるお子さんに多いです。

スポーツ【ジャンプ・着地する動作】

走り幅跳び・棒高跳び・バレーボールなどジャンプを頻繁に行うスポーツや、体操による着地、サイドにステップを踏むチェアダンスなどをされるお子さんに多いです。

 

スポーツ【走る・瞬発的な動作】

スタートダッシュを反復練習する短距離走、足技で内股や一本背負いなど瞬発的な反復練習をする柔道、折り返しの練習をする自由形競泳などのお子さんに多いです。

 

オスグット病になるスポーツ【まとめ】

『オスグッド病』は膝に直接負担がかかるスポーツに多く

  •  ・左右切り返す動作をするスポーツ
  • ・ジャンプを頻繁に行うスポーツ
  •  ・瞬発的な反復練習をするスポーツ

 

原因と特徴に対する考えかたとして

どのスポーツにしろ、膝に負担をかける練習オーバーユース(使いすぎ)をしてしまうと「ふとももの筋肉が硬くなり柔軟性が低下」します。それらをお子さんがしっかりとご自分でケア出来れば発症は防げます。あとは体の疲れを残さないためにしっかり睡眠をとりましょう。

 

最後に!

安静にしていれば痛みは緩和されることもあるでしょう。ただ患部に炎症症状(熱感・圧痛・腫脹・発赤・機能障害)が起こった場合、膝をかばってそれ以外のところが痛み出したりします。症状が悪化すると軟骨部がはがれて(剥離骨折)にもなりますので、早目に手当をするべきだと思います。

 

関連記事

 

 

それ以外の膝の疾患

 

膝の骨端線離開について

 

トップページ