ブログ | 習志野市内の3D姿勢分析、肩こり整体、腰痛整体、姿勢矯正なら整体きむら家へ


  ブログ

整体きむら家 >> ブログ >> 子供のうちから対策を!o脚を放置すると変形性になりやすい

ブログ

子供のうちから対策を!o脚を放置すると変形性になりやすい

o脚を放置すると変形性になりやすい

o脚について

子供から大人まで幅広い年齢で起こる膝の歪み『0脚』足を綺麗に見せる目的や身長を伸ばす目的で整体やカイロプラクティックなどで施術される方が多いですが、『0脚』は放置していてもメリットはありません。

 

 

年齢を重ねた0脚は

『0脚』を放置していていると、変形性膝関節症になる可能性が高いです。0脚ですぐに変形になるわけではありませんが、年齢を重ねるにつれて関節を支えきた筋肉が低下し変形性も進行します。今は普通に生活は送れていても、今まで出来ていた事が出来なくなる可能性は高くなります。

 

出来ていた事が出来なくなる

『0脚』を放置して変形性膝関節症になると、今まで出来ていた事が出来なくなります。具体的には、今まで靴を履くのにしゃがめたのがしゃがめなくなる、今までズボンを履く時に片足で支えられたが片足で支えられない、今まで30分歩いても痛くなかったが10分位歩くと膝が痛い、今まで階段の昇り降りが出来たのが膝が痛くて出来ないなど、日に日に生活に支障が生じてきます。

元々膝は歪みやすい

膝の関節は他の関節より歪みやすいです。通常関節は丸い形をしていて、しっかり受ける凹と、しっかり収める凸で成り立ちますが、膝の関節は、体重を分散するため割と平面的な構造をしています。平面的な構造は横の力や捻じれにもろく『0脚』は既に膝が崩れた状態とも言えます。

子供のうちから0脚対策を

子供の 『0脚』はホンの少しの施術で回復します。大人の 0脚は変形性膝関節症に進行しますので回復するのに時間を要します。当院は姿勢と生活習慣、自宅で簡単に姿勢を改善するエクササイズを取り入れていますのでご縁がありましたらご相談ください。

 

最後に!

『0脚』は放置しても良いことはありません。皆さんがいつまでも健康でイキイキと生活していただけることを願いつつ、このブログを最後までお付き合いしてくださり感謝申し上げます

 

こどもの膝トラブル記事

 

 

o脚を放置すると変形性になりやすい