肘からくる手のしびれ!病院治療に頼らないために | 千葉市幕張にある姿勢矯正専門院、検査、診断、エクササイズで根本治療し、肩こり、腰痛を改善するたくみ接骨院です


  ブログ

たくみ接骨院 >> ブログ >> 肘からくる手のしびれ!病院治療に頼らないために

ブログ

肘からくる手のしびれ!病院治療に頼らないために
  • カテゴリー: 肘の痛み.野球肘.ゴルフ肘.テニス肘net

【肘部管症候群編】手のしびれ・手のこわばり|千葉市幕張たくみ接骨院

肘部管症候群による手のしびれ・こわばりについてお話しいたします

 

肘部管症候群(ちゅうぶかん しょうこうぐん)

 

肘の使い過ぎや肩肘を付いた状態で、肘の内側の筋肉が硬くなり神経を圧迫し手のしびれがおこります。肘の内側から小指側がしびれてきます。肘の内側を叩くと、しびれた経験が有る方はわかると思います

 

荷物を持つ仕事が多い

お皿を洗う仕事が多い

タオル拭き仕事が多い

キーボードをよく叩く

 

これらの作業も毎日反復的に繰り返すと肘の内側の筋肉が硬くなり神経を圧迫しやすくし手のしびれ・こわばりが頻繁に出てきます

手を握るスポーツはご用心

肘部管症候群はスポーツをされている人(野球・テニス・ゴルフ)に多いです。長時間PCの作業をする人もなりやすいです。手指がしびれると思ったら、肘周りの筋肉を緩めましょう!そのままにしていると!薬指と小指のしびれが強くなり、皮膚の感覚が良く分からなくなります(皮膚に膜を貼った感じ)腕がやせ細そくなる、手のひらの小指側のふくらみが痩せてくる。ひどくなると手が動かなくなります。そうなる前に・・・・

肘部管症候群のストレッチを!

仕事・スポーツで肘に負担をかけている人はなる可能性大です!小指や薬指が少ししびれるな・・・と思ったら、今すぐ肘部管症候群のストレッチを実践して、しびれにくい体作りをしましょう!30秒×3セット毎日行って下さい

ストレッチで手の冷えも!肘の内側の筋肉を、伸ばすようにストレッチ行うと、硬くなっている筋肉の柔軟性も改善し指先まで血液の流れが良くなります。肘のストレッチは、治療と同時に手の冷えにも最適です※出来る範囲で無理のない程度に行いましょう。

繰り返し、しびれ・こわばりをおこさない為にスポーツで肘に負担をかけている人はフォームの修正・運動後のケア・日頃から筋肉の柔軟性を高めておくことです。家事・仕事で肘に負担をかけている人は肘に負担をかけない事・片肘を付かないキーボード・マウスは体の20cmぐらい手前が理想(肘が伸び過ぎないポジション)・肘の角度は90~100°がベストです

肘部管症候群の治療

肘の内側の筋肉を柔らかくすること,肘の関節がやや、内側に出る傾向があります.個人差がありますので、その都度その方に合わせ整えます。*場合により、鍼電気治療も併用手のしびれ・こわばりのお持ちの方は肘が伸びて、腕の上りも改善されます。腕の上りに変化が起こる!肘と腕の動きがスムーズになります当たり前のように、肘が伸びていきます

 

最後に

早期予防と早期治療が大切です!肘に痛みがある場合は無理にストレッチをすると逆効果になることもあります。肘部管症候群はひどくなると手術が必要になることもあります。おかしいな?と思ったら早めに、かかりつけ医師・鍼灸・整体師に相談しましょう!

 

ブログ著者

 
体の悩み相談

 

体の悩み相談はLINE@で可能です。2~3営業日に返信いたします。LINE@はご登録が無料のアプリです。1:1トークで他者様には見られません。予約キャンセル時にもご利用できます。

LINEはコチラ↓↓↓

ご予約について

 

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日の営業30分前にご返信下さいますようお願い申し上げます。

オンラインはコチラ↓↓↓

 

その他:施術案内

 

接骨:事故の怪我・骨折・脱臼・捻挫

はり・灸:めまい・自律神経・関節痛

整体:体の不調・姿勢改善・骨盤など

水素風呂リタライフ:アトピー・肌荒れ

 

アクセス

 

電車の方

京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  総武線幕張駅

 

たくみ接骨院アクセス

〒262-0032

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

千葉市・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市

トップページ

手のしびれ・手のこわばり|千葉市幕張たくみ接骨院

PAGE TOP