むちうちのメカニズム|千葉市幕張たくみ接骨院 | 千葉市幕張にある姿勢矯正専門院、検査、診断、エクササイズで根本治療し、肩こり、腰痛を改善するたくみ接骨院です


  ブログ

たくみ接骨院 >> ブログ >> むちうちのメカニズム|千葉市幕張たくみ接骨院

ブログ

むちうちのメカニズム|千葉市幕張たくみ接骨院
  • カテゴリー: むちうち症状.ムチ打ち症.net

むちうちのメカニズム|千葉市幕張たくみ接骨院

千葉市幕張にある、むちうち症状や首の痛みを解消へと導く、たくみ接骨院キムラです。今回はむちうちのメカニズムについてお話ししたいと思います。

 

注)本ページを読まれる前に

本ページに記載している内容は一般的な知識として覚えておいた方が良いものであり、治療を受けるかはご自分で判断するものではありません。またむちうち症状は後から出る場合もあります。出来るだけ10日以内に医師の診断を受け適切な治療を受けてください。

 

 

むち打ちってどうして起こるの?

一般的に『むちうち症』は主に交通事故などで首に不自然な力が加わり、首が「むち(鞭)」のようにしなり起こることが多く、当院でも交通事故による『むちうち症』患者さんは多いです。ただそれ以外にも転倒したり遊んでいたりスポーツ中に首を傷める方もいらっしゃるので『むちうち症』は傷める条件でメカニズムが異なりますが、交通事故を例にお話しします。その前に頭と首について触れたいと思います。

 

 

頭の重さはお米5キロ分

人の頭の重さは約5~6kgほどあります。5~6kgの重さを軽いと思われている方もいらっしゃると思うのでお米を想像してみてください。普段あなたはお米5~6kg分の重さを首で支えています。もし何らかの形で不意に後ろから車が衝突されたらお米5~6kg分の重さを首で支えなければなりません。

首の太さは

首の太さは個人差があります。一般的に首の太さは女性で約25~35cm、男性で35~45cmほどあります。

 

 

頭を支える部分は10cmほど

首の骨、いわゆる頸椎(けいつい)は全部で1~7つあり(稀に8つ)レントゲンで横から見た時、一見首の骨は太く見えますが後ろの飛び出ている部分棘突起(きょくとっき)は頭を支持していません。

 

 

頭は、椎体(ついたい)直径約5cmと、上関節(じょうかんせつ)部分で頭を支えています。全体的には赤い○のところ10cmくらいで頭を支えています。

 

脊髄(せきずい)の通り道

脊髄の通り道ですが、脊髄の役割は感覚・温度など外部の情報、歩く・動くなどの情報、内臓機能の情報などありとあらゆる情報を脳へ伝え、脳からの指令も各器官へ伝える役目があります。脳から下に伸びた脊髄は、頸椎の中の椎孔(ついこう)を通り腰椎まで伸びていきます。脊髄は常にこの椎孔によって守られています。

椎孔を通る脊髄とそこから出る脊髄神経根

 

 

【自律神経】交感神経節(こうかんしんけいせつ)

自律神経の交感神経節について、自律神経は文字通り無意識(自分の意志とは関係なく)に体を自動的に調節してくれる神経のことで、そのうちの交感神経節(神経が集まるところ)が椎孔から出た脊髄神経根の一部と合流し交感神経節(こうかんしんけいせつ)となります。

首の血管について

頸椎(1~7個)の横にある2つ穴について、この横にある穴は横突孔(おうとつこう)と言い、椎骨動脈(ついこつどうみゃく)が通ります。椎骨動脈は脳全体に血液を流す主要な動脈です。

椎骨動脈図

赤い部分は椎骨動脈です

 

以上、基礎的は内容を踏まえて本題に入りたいと思います。

 

人の首は動きやすい構造

人の首は動きやすい構造をしている反面、お米5~6kg分の重さがありますので外からの衝撃にとても弱いです。格闘技やF1レーサーは首回りの筋肉を鍛え、外からの衝撃に耐えるよう日々訓練をしますが、今までの見てきた図でも分かるようにとても複雑な構造をしており、伝説の貴公子アイルトンセナですら帰らぬ人となりました。

我々一般人はそもそも首を鍛えることがありませんから、お米5~6kg分の重さを背負って何らかの形で不意に後ろから車が衝突されたらひとたまりもありません。たとえそれが大した衝撃で無くても。では実際に事故に遭遇してしまった時、体はどのようになるのか見ていきましょう。

 

 

後ろからの追突事故

交通事故の『むちうち症』で多いのが、後ろから追突されるケースです。ほぼ『むちうち症』の6割近くは追突事故と言ってもよいくらい多いです。信号停止や一時停止、加害者側の前方不注意、渋滞時に起こりやすい事故です。後ろから車に追突され場合どのようになるのでしょうか。*シートベルト着用時

 

まず体が先に衝撃で前へ押し出されます

その時に頭が後に反り返っていきます。

 

 

反動により体が後に戻されます

反対に頭が前へ押し出されます

 

 

右横から追突された場合

交通事故の『むちうち症』で次に多いのが、横ろから追突されるケースです。加害者側の前方不注意や交差点内での事故で起こり得る事故です。今回は右から追突されケースを見ていきましょう。*シートベルト着用時

 

体が先に衝撃で左へ押し出されます

その時に頭が右に傾いていきます。

 

止まった反動で体が右へ戻されます

それとは反対に、頭が左へ傾います

 

以上、交通事故を例にむちうちのメカニズムを解説していきました。むちうち症は転倒したり・遊んでいたり・スポーツ中にも首を傷め起こることがありますので、大丈夫と自己判断せず、出来るだけ10日以内に医師の診断を受け適切な治療を受けてください。

 

関連記事

 

むちうち症状の経過ごとの傾向と対策

むち打ち症の特徴について

 

ブログ著者

体の悩み相談

体の悩み相談はLINE@で可能です。2~3営業日に返信いたします。LINE@はご登録が無料のアプリです。1:1トークで他者様には見られません。予約キャンセル時にもご利用できます。

LINEはコチラ↓↓↓

ご予約について

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日の営業30分前にご返信下さいますようお願い申し上げます。

オンラインはコチラ↓↓↓

 

その他:施術案内

 

接骨:事故の怪我・骨折・脱臼・捻挫

はり・灸:めまい・自律神経・関節痛

整体:体の不調・姿勢改善・骨盤など

水素風呂リタライフ:アトピー・肌荒れ

 

アクセス

 

電車の方

京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  総武線幕張駅

 

たくみ接骨院アクセス

〒262-0032

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

千葉市・船橋市・習志野市・四街道市・市川市・八千代市

トップページ

むちうちのメカニズム|千葉市幕張たくみ接骨院

PAGE TOP