体幹インナーマッスル|姿勢の崩れで坐骨神経痛になりやすい | 千葉市幕張にある姿勢矯正専門院、検査、診断、エクササイズで根本治療し、肩こり、腰痛を改善するたくみ接骨院です


  ブログ

たくみ接骨院 >> ブログ >> 体幹インナーマッスル|姿勢の崩れで坐骨神経痛になりやすい

ブログ

体幹インナーマッスル|姿勢の崩れで坐骨神経痛になりやすい
  • カテゴリー: 坐骨神経痛.お尻の痛み.しびれnet

体幹インナーマッスル|姿勢の崩れで坐骨神経痛になりやすい|千葉市幕張たくみ接骨院

千葉市幕張で坐骨神経痛・腰の痛み・シビレを体幹インナーマッスル・深層筋から改善へと導くたくみ接骨院キムラです。今回はお腹の深層筋インナーマッスルを変えることで、坐骨神経痛症状が改善へと導く内容について解説して参ります。

体幹インナーマッスルについて

 

体幹の筋肉は大きく分けて表層(アウターマッスル)と深層(インナーマッスル)に分かれます。私たちが普段お目にする筋肉は表層(アウターマッスル)です。これらの筋肉は鍛えることが容易ですが、深層(インナーマッスル)の筋肉は意識しなければ中々鍛えることが難しく動きも限定されます。深層筋(インナーマッスル)を細かく分けると

 

お腹のインナーマッスルは3つ

体幹インナーマッスルはお腹と背中に分かれますが、今回はお腹の深層筋について触れていきます。お腹の深層筋は細かく分けて3つ程あります。

 

①大腰筋(だいようきん)

お腹のインナーマッスルの一つ目は大腰筋です。解剖図で見ると腰椎の側面やや前から骨盤内を通り鼠経靭帯の上を抜けて、股関節の内側に付きます。

 

大腰筋の解剖図

 

②小腰筋(しょうようきん)

お腹のインナーマッスルの二つ目は小腰筋です。解剖図で見ると胸椎の12番目と腰椎1番目の側面やや前から骨盤内の腸骨の前面に付きます。大腰筋と並行している小さな筋肉です。

 

小腰筋の解剖図

 

③腸骨筋(ちょうこつきん)

お腹のインナーマッスルの三つ目は腸骨筋です。解剖図で見ると骨盤内の腸骨の前面から、鼠経靭帯の上を抜けて股関節の内側に付きます。

 
腸骨筋の解剖図

 

体幹インナーマッスル深層筋の場所

 

ご自分で深層筋(インナーマッスル)を触る時には2か所触ることが出来ます。

 

①大腰筋・小腰筋の確認場所

大腰筋と小腰筋は平行していますので一緒に確認します。お臍から3横指外側にあるスジばったところが大腰筋・小腰筋です。

 

大腰筋・小腰筋を確認

 

大腰筋・小腰筋を触る時のポイント

触る時のポイントは力を抜いて背中を丸め体を捻じるとスジばりを感じます。そこが大腰筋と小腰筋です。

 

 

②腸骨筋の確認場所

腸骨筋は骨盤の内側にありますが、お腹が邪魔して一部しか触ることが出来ません。骨盤の骨側の中で触ることが可能です。

 

腸骨筋を確認

 

 

 

深層筋と腰神経叢について

深層筋の近くには神経、腰神経叢(ようしんけいそう)が密集しています。この神経の束は大腰筋の下を通り抜け、お尻の坐骨神経へとつながります。

 

 

 

深層筋が硬いと神経を圧迫

深層筋が何らかの形で硬くなり、腰神経叢を圧迫するとそこから先に延びる坐骨神経に沿って、お尻の痛みや下肢のしびれなどを引き起こす事があります。

 

 

なぜインナーマッスルが大切?

そもそもお腹の深層筋インナーマッスルと坐骨神経痛の関係とは?当院では坐骨神経痛になる根本的な原因として姿勢の悪化であると考えております。そのなかでもお腹の深層筋が弱くなった方々を大勢見て参りました。そして深層筋の大切さを伝え、多数の坐骨神経痛患者さんを改善さてれおります。

 

 

背骨の湾曲は25歳を境に

一般的に脊骨は頭から骨盤まで綺麗なs字湾曲をしております。8~25歳位までの背骨の湾曲はとてもキレイな方が多いです。それが25歳を境に、頭を支える・体のバランスを保つ・内臓を守る・深層筋の筋力が徐々に退化していきます。

 

 

生活習慣や運動をしっかりされている人は、25歳でも湾曲も失われることは少なく、坐骨神経痛・辛い腰痛やしびれ症状が出る事も余りありません。

 

 

姿勢悪化はトラブルのもと

加齢による背骨の変形・生活習慣で背中が丸くなった人、全ての人が坐骨神経痛になるとは限りません。しかし姿勢悪化は筋肉の緊張関節の歪に負担を掛けてしまい、血液・リンパの循環不全・神経の圧迫を生じる恐れもあります。

 

姿勢が崩れるメカニズム

 

深層筋と姿勢保持について

お腹の深層筋と姿勢保持はとても大切な関係です。姿勢を保持する筋肉は体の前と後にあります。背中や腰と言った体の後ろの筋肉は主に頭を支えます。胸やお腹と言った体の前面の筋肉は主に姿勢を保ちます。体幹の前後の筋肉がうまく使われなくなれば、坐骨神経痛・腰痛・しびれ症状が出てしまいます。

 

 

深層の筋肉を動かさないと

特に体の前面の筋肉の退化は坐骨神経痛に影響を与えます。筋肉は元々縮む性質があり、姿勢悪化で狭くなると深層筋の下にある神経を圧迫する事もあります。ですのでしっかりとお腹の圧を保つことが大切です。

 

 

深層筋を保つポイント

深層筋を一定に保つには、主に前面の大腰筋(背骨側面から股関節辺り)・・骨盤内にある腸腰筋(骨盤内~股関節)を一定に保つことがポイントになります。

 

 

姿勢の悪化はこれらの筋肉の緊張や縮みによってもたらされていきます。大腰筋・腸腰筋を縮み過ぎず・伸び過ぎずを回復すれば坐骨神経痛は早く改善されるのではないでしょうか。

 

 

深層筋と姿勢保持について

特に大腰筋と姿勢は密接な関係をしております。背中が丸い・反り腰・腰猫背などで骨盤の位置や傾斜が変わると強いストレスをかけ続けてしまい大腰筋が硬くなります。

 

猫背と大腰筋

背中が丸い人は、常に使われにくく大腰筋が縮んだ状態になります。この状態ですと腰神経叢を圧迫してしまい、坐骨神経痛や腰痛になることがあります。

 

反り腰と大腰筋

反り腰の人は腰から背中までが反り、常に大腰筋が緊張した状態になります。股関節の付け根が痛くなったり・脊柱管が圧迫されたり・慢性腰痛になることが多いです。

 

腰猫背と大腰筋

腰の丸い猫背の人は、常に使われにくく大腰筋が縮んだ状態になります。この状態ですとバランスをとるため首を突き上げる、背中の緊張・お尻や坐骨神経痛・腰痛になることもあります。

 

 

おススメの関連記事

 

 

坐骨神経痛に効果的なストレッチ

 

 

症状緩和するツボ

 

坐骨神経痛に効果的なツボ

 

坐骨神経痛と整体について

 

坐骨神経痛症状のお持ちの方は、生活環境で症状が出る前から姿勢・体重バランスを崩されているケースが多いです。お一人お一人生活スタイルをお聞きしながら、その方に合った整体・施術計画を立てていきます。ご不明な点不安に思っていること、何でも気兼ねなくご相談ください。

 

施術内容はコチラ≫坐骨神経痛の施術

 

悩みが解消されたら何がしたい?

 

  • お子さん・お孫さんを抱っこしたり
  • ショッピング・お食事を楽しんだり
  • 時には一人ブラっと一人旅をしたり
  • 大好きな趣味をお友達と楽しんだり

 

生きがいを持って生活を楽しむことも出来ます

 

坐骨神経痛で気になる記事

 

 

ブログ著者

 

からだの悩み相談

LINE@は予約や相談が可能。是非この機会にご登録を

LINEはコチラ↓↓↓

https://page.line.me/takumi-sekkotsuin

土日祝フリーパス

 

ご予約について

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は2~3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日営業日までにご返信下さいますようお願い申し上げます。

オンラインはコチラ↓↓↓

その他:施術案内

 

アクセス

 

電車の方

 京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  総武線幕張駅 

 

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

千葉市・船橋市・習志野市・八千代市からも多数ご来院

トップページ

体幹インナーマッスル|姿勢の崩れで坐骨神経痛になりやすい

千葉市幕張たくみ接骨院

PAGE TOP