坐骨神経痛とオピオイド薬【トラマドール・トムセット】について | 千葉市幕張にある姿勢矯正専門院、検査、診断、エクササイズで根本治療し、肩こり、腰痛を改善するたくみ接骨院です


  ブログ

たくみ接骨院 >> ブログ >> 坐骨神経痛とオピオイド薬【トラマドール・トムセット】について

ブログ

坐骨神経痛とオピオイド薬【トラマドール・トムセット】について
  • カテゴリー: 坐骨神経痛.お尻の痛み.しびれnet

坐骨神経痛とオピオイド薬【トラマドール・トムセット】について

ページを読む前のお願い!

当ページは個人的な薬に対する見解として掲載されております。薬の効果効能や副作用等に関する内容は、医師・薬剤師にしっかりと相談してください。

 

オピオイドとは?

オピオイドとは「中枢神経や末梢神経に存在するオピオイド受容体を介してモルヒネに類似した作用を示す物質の総称です。簡単に言うと脳や脊髄に作用して痛みをマヒさせる強いお薬です。
 


オピオイド=麻薬(まやく)?


オピオイド系治療薬を一言で医療用の麻薬です!?麻薬(まやく)と言うと悪いイメージがありますが、天然由来(ケシ)の成分を抽出したものから、化学的に合成された非オピオイド系のもの、依存性の低いもの、最近では便秘の特効薬にオピオイド系治療薬もあります。

 

オピオイド系治療薬は通常の鎮痛薬では効かない痛み・耐えられないほどの痛み時に、痛みの程度を見ながら適切な量を調節しながら服用します。

 


国内のオピオイド事情


国内でのオピオイド系の医薬品消費量は先進国の中では低い方です。トラマドール、モルヒネ、オキシコドン、フェンタニル、タペンタドール、メサドンなどが使われています。それぞれ性質や使用法が異なりますが、坐骨神経痛に効果的な非オピオイド鎮痛薬としてはトラマドールが挙げられます。

 

痛みの伝わり方について

痛みは神経を介して脳に伝えられます。これを疼痛の伝達と言います。

 


一般的な痛みの伝達


一般的に痛みは脳へ上行性に伝達します。受容器(皮膚・筋肉・腱・関節)~脊髄神経~延髄~脳幹~大脳辺縁の順に痛みを伝えます。オピオイド系治療薬は脊髄神経後角辺りに多く存在するオピオイド受容体に、直接的に働き痛みを遮断する作用があります。

 


下行性疼痛抑制系


一方、脊髄よりも上位にある脳幹部から脊髄後角に下行し、痛覚情報の中枢神経系への入り口である脊髄後角で痛みの伝達を抑制する「下行性疼痛抑制系」がヒトの神経系には存在します。簡単に言うと、もう痛みの情報は要らないよ!

 

と脳幹にある中脳や延髄が感知し、痛みを和らげる(ノルアドレナリン・セロトニン)を放出します。すると痛みの受容器がセロトニンなどにより、痛みを伝達しなくなると言うことです。

 

慢性的な坐骨神経痛では、痛みを感じる受容器(皮膚・筋肉・腱・関節)や疼痛の伝達具合が、強いストレスや疲労などによりノルアドレナリン・セロトニンが減少します。オピオイド系治療薬はこれらノルアドレナリン・セロトニンの活性化を助け、痛みが続くのを防いでくれるとされています。

 

坐骨神経痛とトラマドールについて

トラマドールは日本ではトラマールとも言われていますが、以前まで抗ガン剤・抗うつ剤として使用されていました。オピオイド鎮痛薬の医薬用麻薬の一つです。

 


日本でのトラマール使用


現在は慢性的な痛み・強い坐骨神経痛症状にも適応されるようになりました。抗ガン剤と言うとモルヒネが有名ですが、モルヒネの10分の1の鎮痛効力があるとされ、比較的安全で依存性も低いものとみなされています。

 


トラマドールの作用


トラマドールは、三種類の(δκμ)オピオイド受容体の一つμ受容体に作用し、セロトニン・ノルアドレナリンの再取り込み阻害作用と併せ持ちます。再取り込み阻害作用とは簡単に言うと、神経を興奮させる作用があります。

 


トラマドールの副作用


通常の量でも稀に、抑うつ、昏睡、頻脈、心血管崩壊、発作、呼吸困難といった副作用も見られます。過剰投与・他の薬品併用・アルコールとの併用は厳禁です。現在は経口薬・坐薬・静注・皮下注・筋注・徐放剤・合剤など、幅広い方法で使用されています。

 

坐骨神経痛とトムセットについて

トムセットはトラマドール塩酸塩とアセトアミノフェン配合されたお薬です。

 


どんな時使われるの


アセトアミノフェンは痛みの閾値(いきち)を高める作用があります。トムセットは中枢神経系に作用し、治療が困難な慢性疼痛、抜歯後の疼痛の治療薬として用いられています。

 

*痛みの閾値とは(痛みの感じるレベルのことを言います)閾値が高いほど痛みを感じません

 


トムセットの副作用


トムセットの副作用としては、眠気、めまい、意識消失、呼吸抑制、消化性潰瘍、血液の異常、肝障害、腎障害、心機能不全が報告されています。

 

他のお薬との違いについて

 


トラマドール・トラムセットの違い


トラマドール塩酸塩だけの場合『トラマドール』、トラマドール塩酸塩+アセトアミノフェンが含まれると『トラムセット』です。ガン性の痛みには『トラマドール』慢性的な痛みには『トラムセット』が処方されると思います。

 


ロキソニンとトムセットの違い


ロキソニンにはトラマドール塩酸塩は含まれておりませんので、痛みを遮断することが出来ません。ロキソニンはアセトアミノフェンが含まれたNSAIDs医薬品です。主に炎症や外傷などの痛み(侵害受容性疼痛)に対する痛み止めとして使われています。炎症時には『ロキソニン』痛みが強い時は『トムセット』との認識で宜しいかと思います。

 


リリカとトムセットの違い


『リリカ』は帯状疱疹・末梢神経痛など神経専用の痛み(神経障害性疼痛)に対する医薬品です。トムセットとの違いは痛みを遮断する場所に違いがあります。『リリカ』は末梢神経節に『トムセット』は脊髄神経全体に幅広く適応される薬とも言えます。

 

最後に!

トラムセット・トラマドールはあくまでも痛みを一時的に止めるお薬です。常用すると(薬の耐性)痛み止めが効かなくなってきます。より強い薬を求めることになりますので長期服用で体に副作用も出てしまいます、しっかり痛みの原因を知り・適切な処置をしてください。

 

その他坐骨神経痛に効果的な薬

 

 

施術内容はコチラ≫坐骨神経痛の施術

 

悩みが解消されたら何がしたい?

 

  • お子さん・お孫さんを抱っこしたり
  • ショッピング・お食事を楽しんだり
  • 時には一人ブラっと一人旅をしたり
  • 大好きな趣味をお友達と楽しんだり

 

生きがいを持って生活を楽しむことも出来ます

 

坐骨神経痛で気になる記事

 

 

ブログ著者

 

からだの悩み相談

LINE@は予約や相談が可能。是非この機会にご登録を

LINEはコチラ↓↓↓

https://page.line.me/takumi-sekkotsuin

土日祝フリーパス

 

ご予約はコチラまで

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は2~3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日営業日までにご返信下さいますようお願い申し上げます。

ネット予約はコチラ↓↓↓

 

その他:施術案内

 

 

たくみ接骨院アクセス

 

電車の方

 京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  総武線幕張駅 

 

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

トップページ

坐骨神経痛とオピオイド薬【トラマドール・トムセット】について

千葉市たくみ整体院

PAGE TOP