坐骨神経痛に効果的な『塗り薬』『湿布』は何がいいのか? | 千葉市幕張にある姿勢矯正専門院、検査、診断、エクササイズで根本治療し、肩こり、腰痛を改善するたくみ接骨院です


  ブログ

たくみ接骨院 >> ブログ >> 坐骨神経痛に効果的な『塗り薬』『湿布』は何がいいのか?

ブログ

坐骨神経痛に効果的な『塗り薬』『湿布』は何がいいのか?
  • カテゴリー: 坐骨神経痛.お尻の痛み.しびれnet

坐骨神経痛に効果的な『塗り薬』『湿布』は何がいいのか?

皆さんこんにちは・今晩は!姿勢から坐骨神経痛を改善へと導く千葉市たくみ整体院のキムラです。今回は坐骨神経痛に効果は『塗り薬』『シップ』について解説します。

 

坐骨神経痛の塗り薬の種類

坐骨神経痛では坐骨神経に沿って神経痛が出ます。あなたの状態が『痛み』なのか『シビレ』なのか、症状が出ている場所によって、『塗り薬』『シップ』の効果は変わります。

 

 

坐骨神経痛:痛い時の薬・塗り薬・湿布

 

あなたが『痛い』と思っているのであれば、痛みの物質(ブラジキニン・プロスタグランジン・ヒスタミン・カリウム)などの発痛物質を抑える塗り薬・湿布を処方すれば、痛みが軽減されると一般的に病院・整形外科で言われております!

 

痛い時に処方される薬・湿布・塗り薬

腰からお尻付近に痛みが出始めて1週間。状況が変わらないので近くの整形外科で診察を受けたkさん。診察の結果『坐骨神経痛の疑い』が高いと言われました。

 

 

症状:イスから立ち上がる時に腰からお尻に激しく痛む

歩く時の足の痛みやシビレは無く、薬を飲んで1週間経過を見る事になりました。その時に処方された薬・湿布・塗り薬がコチラ↓

 

痛い時に処方された薬

飲み薬:ロキソニン

塗り薬:スミルスチック

湿布薬:ロキソニンテープ・スミルテープ

 

1週間後痛みが引かず変更

 

飲み薬:ボルタレン

湿布薬:モーラステープ

 

医師から湿布や薬の成分により効果に個人差があるので色々使用して判断するのがいいと言われたそうです。その後1ヶ月間様子を見たのですが改善されず当院へ受診

 

腰とお尻に湿布を貼ったが変化なし

腰からお尻付近に痛みがあるkさんの場合、症状が出始めて1週間後に腰とお尻にロキソニンテープを貼り2週間後にモーラステープに変更しましたが、それほど効果が出なかったようです。

 

 

kさんの場合は膝裏の炎症が出ていたため歩行が崩れ、太ももの筋肉が緊張され痛みを感じておりました。この方のケースでは膝を伸ばすストレッチと膝裏にロキソニンテープをされた方が良かったと考えられます。

 

 

 

坐骨神経痛:シビレ時の薬・塗り薬・湿布

 

あなたが『シビレ』があると思っているのであれば、神経の圧迫(腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・変形性腰椎症)などの神経痛を遮断する塗り薬・湿布を処方すれば、シビレが軽減されると一般的に病院・整形外科で言われます!

 

シビレ時に処方された薬・湿布・塗り薬

10年間腰から太ももにかけてシビレをお持ちのNさん。病院の診察により『脊柱管狭窄症の疑い』があると言われ手術を宣告されました。

 

 

症状:自宅から近くのスーパーに買い物に行く時にお尻から太ももにシビレを訴える

 

歩く時に足のシビレと、腰が重くなるので休み休み歩くようになっている状態です。10年間ダマシダマシだったのですが、腰に痛みを感じたので整形外科に受診したところ『脊柱管狭窄症の手術適応』と言われその時に処方された薬・湿布・塗り薬がコチラ↓

 

シビレの時に処方された薬

飲み薬:ボルタレン

塗り薬:ケトプロフェンゲル状軟膏

湿布薬:ボルタレンテープ

 

2週間後シビレが改善されず変更

飲み薬:リリカ

塗り薬:ボルタレンゲル状軟膏

湿布薬:モーラステープ

 

 

しびれの緩和と言うことで、始めはボルタレンテープを処方、2週間様子を見て症状が改善されずに神経を遮断するリリカ・モーラステープを併用し改善が見られず当院へ受診

 

整形外科のリハビリも週2回通い電気治療とけん引治療をされていました。アレルギー反応が出やすい体質(肌が痒くなる)のため、モーラステープを途中で止め、ボルタレンゲル塗り薬を塗っていたようです。

 

腰・お尻・太ももに湿布を貼ったが変化なし

お尻と太ももにシビレがあり、腰・お尻・太ももにボルタレンテープを貼っていたNさんの場合、症状がシビレと言うことなので、腰のけん引治療をされてそれほど効果が出なかったようです。

 

Nさんの場合は頭の位置が前がかりの姿勢のため、背中とお腹の筋肉のバランスが崩れシビレが出ていました。この方のケースではお腹のストレッチと首筋から背中にボルタレン軟膏を塗られた方が良かったと考えられます。

 

坐骨神経痛時の塗り薬・湿布の貼る場所

 

痛み・シビレを感じるところに貼っても効果が出ない時は、塗り薬・湿布の場所を変えて見てはいかがでしょうか。効果の出る・出ないは、個人差もありますので、このブログ内ではコメント出来ません。

 

最後に!

餅は餅屋です!骨格・姿勢を専門的に見てくれる医療機関・治療院などへ行かれ適切なアドバイスをすれば、坐骨神経痛は改善されます。最後までお付き合いいただきありがとうござい。あなた様がいつまでも健康で良くなっていただけますようお祈り申し上げます。

 

施術内容はコチラ≫坐骨神経痛の施術

 

悩みが解消されたら何がしたい?

 

  • お子さん・お孫さんを抱っこしたり
  • ショッピング・お食事を楽しんだり
  • 時には一人ブラっと一人旅をしたり
  • 大好きな趣味をお友達と楽しんだり

 

生きがいを持って生活を楽しむことも出来ます

 

坐骨神経痛で気になる記事

 

 

ブログ著者

 

からだの悩み相談

LINE@は予約や相談が可能。是非この機会にご登録を

LINEはコチラ↓↓↓

https://page.line.me/takumi-sekkotsuin

土日祝フリーパス

 

ご予約はコチラまで

当院は完全予約制です。ネットでご予約された方は2~3営業日までにご返信いたします。お急ぎの方はお電話で対応しております。予約キャンセルは前日営業日までにご返信下さいますようお願い申し上げます。

ネット予約はコチラ↓↓↓

 

その他:施術案内

 

 

たくみ接骨院アクセス

 

電車の方

京成幕張駅  京葉線海浜幕張駅  総武線幕張駅

 

千葉県千葉市花見川区幕張町5-417-142

トップページ

坐骨神経痛に効果的な『塗り薬』『湿布』は何がいいのか?

PAGE TOP