ブログ | 千葉県習志野市の姿勢矯正・骨盤矯正なら整体きむら家へ!四十肩・腰痛などの慢性的な痛みや背骨由来の自律神経痛を整えます


  ブログ

整体きむら家 >> ブログ

院長ブログ


首の痛みとスポーツ

 

首の痛みとスポーツ

皆さんは健康のためスポーツで汗をかいたり、気分転換で運動をされたりすると思います。当院へお越しの方でスポーツによる首を痛める人も多いです。話を聞くと皆さん意外に間違った認識で運動されらりスポーツ後のケアを怠っていたり・トレーニング方法が正しくない事が多いようです。

 

 

 

健康意識が高い人ほど

健康維持したい・いつまでも元気で動きたいなどで、スポーツで汗をかく人は沢山いらっしゃいます。スポーツはとっても体に良い事です。ただスポーツはやり過ぎてはいけません。『健康のため』と思って始めた事が、いつの間にか『健康を害す』に代わってしまうことがあります。何事も体と相談しながら動いてください。

 

乳酸を溜めないために

スポーツで十分汗をかいた後は乳酸が溜まります。乳酸は疲労を増幅させ、痛みの基にもなります。運動前は『これから動くよ』程度の軽いストレッチ、運動後は『今日も動いてくれてありがとう』と入念に筋肉を伸ばして上げてください。そうすることで筋肉内に残った乳酸が血管内へ流れ、酸化や老化も防げます。

 

 

 

トレーニングの目的

皆さんが競技で、成績を残したい・記録を伸ばしたいなどでトレーニングをしている方は、『何のために』トレーニングするのか考えながらおこなっていますか?もしあなたがフルマラソンでタイムを縮めたいのであれば、持久力をつけなくてはいけません。ですから瞬発的なトレーニングをしても持久力はつきません。

 

 

 

ゴルフでヘッドスピードを上げ遠くへボールを飛ばしたいのであれば体幹トレーニングばかりしていても、ボールは遠くへ飛んでくれませんしヘッドスピードはあがりません。ボールを遠くへ飛ばすには体幹軸がズレないホームと、ムチの様なくてしなやかな反発性のある体幹をつけなくてはいけません。

 

 

首の動き簡単エクササイズ

自然と痛くなった・首を寝違えたなどで痛めた人や首が回らない人は、首以外の場所を動かすと良いかもしれません。試しに行ってみてください。

 

詳細はこちら

首の痛みで損傷しやすい筋肉

 

首の痛み・寝違えについて

 

首の痛みで多いのが寝違えです。ある日目が覚めて布団から起き上がろうとした時、首すじに電気が走った・痛くて首を支えながら起きた経験がある方も多いのではないでしょうか。寝違えの原因は主に『筋肉の伸ばし過ぎ』によるものが多く、枕が合わない・寝ぞうが悪いなどで長時間首の筋肉が伸ばされると起こります。数分程度なら問題ありませんが、時間が長くなるにつれ傷めるリスクが高まります。

 

 

寝違えで痛めやすい筋肉

寝違えは寝型によっても傷める筋肉が少し異なってきます。仰向け寝(あおむけ)は首の後ろ、横向寝は首の外側、うつ伏せ寝は首の後ろと外側を傷めることが多いようです。

 

仰向け寝で傷めやすい筋肉

仰向け寝で痛めやすい筋肉を4つほど挙げます。僧帽筋(そうぼうきん)菱形筋(りょうけいきん)肩甲挙筋(けんこうきょきん)頭半棘筋(とうはんきょくきん)などが仰向け寝で痛める頻度が高くなります。

 

横向け寝で傷めやすい筋肉

横向け寝で痛めやすい筋肉を4つほど挙げます。僧帽筋(そうぼうきん)肩甲挙筋(けんこうきょきん)頚板状筋(けいばんじょうきん)斜角筋(しゃかくきん)などが横向け寝で痛める頻度が高くなります。

 

 

 

詳細はこちら

首の痛みで来られた方の声

首の痛みで来られた方の声

 

首の痛み・千葉市幕張60代女性

しょっちゅう首の痛みや肩の張りがあり、いつもこちらで治療してもらいます。いつも自分で運動やストレッチをやるのですが中々改善しません、こちらで背中や姿勢も整えるととってもスッキリして首の痛みも嘘のように改善します。いつもありがとうございます。

 

首が回らない・千葉市50代男性

何となく1ヶ月前から違和感がありそのままにしていたら、急に朝起きた時に首が回らなくなりました。慌てて近くの整形外科でレントゲン検査を受けました。結果は首の捻挫と言われシップと痛み止めを2週間分頂きましたが、一向に治る気配がありませんでした。こちらの院で肩甲骨が動いていないと指摘され、肩甲骨の施術をしたら嘘のように楽になりました。逆に治療していないほうが回らなかったです。

 

首が回らない・船橋市50代男性

昔から首や肩が緊張していたのですが、首が回らなくなったのは初めてでした、近所に有名な整形外科に行ったのですが、2時間待たされたあげくに、チョット様子を見ましょうで5分程度の診察時間でした。正直がっかりでしたが、『首が回らない』で検索したところたくみさんがありさっそく予約しました。半信半疑の施術写真でしたが、治療を受けて納得です。

 

千葉市60歳首の痛み・肩の張り

首と肩の悩みは10年近くです。整形外科で牽引治療もしたし、接骨院で電気治療もしました、筋肉が硬いからと60分2980円の揉みほぐしにも行きましたが、次の日には戻ってしまいます。根本的に良くしたかったので、『姿勢を見る』院にお邪魔しました。一回の治療では戻ると言われエクササイズを毎日5分続けるように言われてやったところ、1週間持ちました。そこからは、しっかり骨格から変える治療をしています。

 

首が伸びない八千代市

朝うがいをしようと上を向く動作をしたらできなくて、どうしていいかわからず、八千代市の病院行きました。レントゲンではまったく異常が無く、近所に整体院で治療してもらいました。首をバキバキ一瞬芸でやってもらったのですが、翌日から酷く頭痛になってしまいました。安全な治療院を探していたらたまたま、こちらの院さんが見つかりさっそく整体を受けに、1回でこんなに楽になるとは思いませんでした。姿勢もよくして頂けると言いうのでしばらくお世話になろうと思います。

 

詳細はこちら

寝違えやすい人は寝相が良い

 

寝違えを引き起こす傾向

 

寝違えを引き起こす人の傾向について解説して参ります。一般的に寝方が悪くて首筋を傷めますが、人によっては寝像が悪くても、まったく痛くならない人もいれば、そんなに寝かたが悪くなくても痛めてしまう人もいらっしゃいます。

 

寝違えた方を見てみると

 

  • 首の筋肉が硬くなった人
  • 首の動き可動域が悪い人
  • 首肩甲骨を動かさない人
  • 猫背・姿勢がよくない人

 

寝違える前からこれらの条件に当てはまる人は、寝違えを引き起こし重症になりやすいです。もちろん条件以外でも寝違えは突発的に起きるものなので、日頃からストレッチや体操を行いましょう。

 

柔軟性があれば寝違えた時でも、ご自分の治癒力で十分回復は見込めます。では寝違えになりやすい人の生活スタイルをお話ししたいと思います。

 

 


寝違えやすい人の生活習慣


当院へ来られた人の日常生活をお聞きすると、寝違えやすい人の生活スタイルがありようです。では寝違えた人の直接的な関連性の高い特徴をいくつかお話しして参ります。

 

お行儀良く寝る人

皆さんは普段寝ている時に無意識に寝返りを打つと思います。この無意識に寝返りする行為こそが首や腰などの筋肉を和らげております。寝相が悪いからお行儀よく寝ると、筋肉を和らげる行為が損なわれてしまいます。

 

 

もしお子さんの寝相が悪いと思っても出来るだけ直さずお布団だけ掛けてあげてください。お行儀が良いと首が緊張してしまい寝違えやすくなります。

 

仕事熱心・几帳面な人

デスクワークで一日10時間!なんてよくお聞きしますが、ビジネスマン・OLさんなど常に時間に追われ、首や肩が疲れたり眼精疲労などが出てきます。デスクワークは基本的に筋肉をほとんど動かしません。筋肉を動かさなければ血液が滞り、疲労や寝違えを引き起こしやすくなります。

 

 

主婦や子育てママさんなども、毎日のお台所・洗濯・掃除・子育てなどで、下を向く作業が多くなると疲労が溜まります。背中や腰の筋肉も硬くなってしまいますので、適度なストレッチ体操を行ってください。

 

運動不足・歩かない人

まったく運動をしない人は、週に1度スポーツジムで汗をかく・毎日連続で30分歩く人より寝違えた時の痛み度合が強いです。特に肩甲骨を動かすスポーツは、肩甲骨辺りの筋肉を動かし首筋の緊張を取る効果があります。

 

毎日腕を振って30分歩くだけでも、首筋や肩甲骨周りが柔らかくなり偏頭痛・肩こり・腰痛などの予防にもなります。

 

最後に!

何もしなくて急に首を傷めてしまった、突発的に首を痛めてしまった、スポーツで首を傷めてしまった、などでお悩みの方は、まずは『痛みを取る』ことから始めましょう。寝違えは『柔軟性を付ければ』改善も早く日頃の疲れも回復します。

 

詳細はこちら

ヘルニア手術をする前に角度チェックして下さい!

 

ヘルニア手術をする前に

このページをご覧の方は、首に痛みを感じる・痛くて首が動かない・手にしびれを感じるなどで、日常生活に支障がある方を対象に頸椎ヘルニア『安全にヘルニア確認』して頂くため解説して参ります。参考にしていただければ幸いです

首をチェックする前に一般的な首の可動範囲について

 


首の可動域について


 

健康な人でも個人差はあります。出来なくても異常ではありませんのでまず首を動かす前に痛む人は無理せずに可能な範囲で行いましょう。

 

  • ○前屈:会釈をする動作 60°位
  • ○後屈:真上に向く動作 50°位
  • ○回旋:左右に向く動作 60°〜70°位
  • ○側屈:横に倒す動作  50°位

 

以上首の動きを行ってみて、どの角度でしびれが出ましたか?

 

もし後屈以外に手にシビレや違和感を感じましたらヘルニアの可能性は少ないです。

 


ヘルニアは後側屈で強くなる


 

ヘルニアでシビレが出る角度は後屈or後側屈です。特に倒した側の上肢にシビレを感じます。それ以外でシビレが出る時はおそらくヘルニア以外に原因があるのではないでしょうか。

 

 


後屈or後側屈で椎間板を圧迫


 

黄色いのが脊髄神経です。椎体と椎体の間には椎間板(ゼリー状)があります。年齢により椎体が変形したり、椎間板の水分が無くなってくると、この黄色い神経に当たりやすくなります。そして後屈or後側屈にすると、更に脊髄神経根を圧迫します。

 

 

正常な首の弯曲は年齢によって徐々に失われます。その多くは生活習慣によるものです。ではそれ以外のシビレについて補足します。

 


側屈で症状が出る


 

首を側屈して倒した側の上肢に症状が出る場合、胸郭出口症候群きょうかくでぐち)を疑いましょう。胸郭出口症候群は鎖骨周りの筋肉が硬くなり神経・血管を圧迫します。

 

 

胸郭出口症候群の特徴

  • 腕・肩を挙げると楽になる
  • 腕に痛みしびれが出やすい
  • 横向きで寝る事でシビレる

 

基本的に鎖骨周りの筋肉が硬くなり、脇・鎖骨周辺の神経・血管を圧迫されます。人によっては血管も圧迫されますので、手の冷えや指腹に幕が張っている感覚になります。逆に反対側にシビレが出る時は斜角筋症候群を疑いましょう。

 


回旋で症状が出る


 

首を回旋して上肢に症状が出る場合、斜角筋症候群しゃかくきん)を疑いましょう。斜角筋症候群は後頭骨から鎖骨に沿った筋肉が硬くなり神経・血管を圧迫します。

 

 

斜角筋症候群の特徴

  • 側頭部・後頭部に痛みが出る
  • 首を動かす角度により楽になる
  • 眼精疲労になりやすい

 

斜角筋症候群は後頭骨から鎖骨に沿った筋肉が硬くなるので、片頭痛・眼精疲労などにもなりやすいです。また巻き肩の傾向ですので姿勢も猫背に見えたりします。逆に反対側にシビレが出る時は胸郭出口症候群を疑いましょう。

 


前屈で症状が出る


 

首を前屈して上肢に症状が出る場合、背骨の弯曲が崩れている可能性があります。健康であれば背骨は通常綺麗なS字曲線されていますが、生活習慣や加齢により徐々にS字が崩れていきます。

 

 

S字弯曲の減少による特徴

  • 見た目が猫背に見える
  • 寝ても疲れが取れない
  • 全身がだるく感じる

 

綺麗なS字曲線は健康の第一歩です。歩き方や座り方によって徐々にわるくなるので、しっかりと背骨を伸ばしたり・骨盤を動かしてください。

 

 

最後に!

以上がご自分でヘルニアを確認する方法です。あくまでも参考程度にしてください。自分で改善出来ない場合は専門家に相談して皆様がイキイキ生活出来ますよう心よりお祈り申し上げます

 

 

詳細はこちら